「ほう!な話」

2019年9月11日

子どもが引きこもっている

▼Q 子どもが長く引きこもっていて、いつか人に危害を加えたり、自ら命を絶ったりするのではないかと不安でたまりません。

▼A 引きこもりとは、さまざまな理由で社会的参加(就学、就労、家庭外での交遊)をせず、原則6カ月以上家庭にとどまり続けている状態を指します。時々コンビニなどに行っても、人と交わらないのであればそれも含みます。

引きこもりが社会の耳目を引くようになったのは、事件の影響があります。古くは2000年の西鉄バスジャック事件、最近では川崎市の20人殺傷事件、元農水事務次官が息子を殺害した容疑で送検された事件などです。ただ、引きこもりを「危険な人」のように捉えるのは間違いです。ほとんどの人はそうではなく、生きづらさを感じ、傷つき悩んでいます。

引きこもりは、以前は学校や職場など個別の問題とされ、国や自治体は総合的な対策を取ってきませんでした。その結果、中年になった子と高齢の親をどう支援するかという「8050問題」「7040問題」になっています。

ご家族は、県や政令市のひきこもり地域支援センターや精神保健福祉センター、医療機関、自治体の窓口などに相談してください。家庭訪問や面接などを通じて少しずつ孤立感を解消していきます。当事者の集いやデイケアなどで慣れてくると、外での学び直し、アルバイトや本格的な就労にも踏み出せる可能性が出てきます。

福岡県弁護士会は、不登校や貧困に関するシンポジウム「だれも孤立させない社会をめざして」を28日午後1時半から県弁護士会館で開きます。

西日本新聞 9月11日分掲載(山口高志郎)

目次