「ほう!な話」

2019年7月31日

夫亡き後、家や預金の相続は・・・

▼Q 体調の悪い夫が私より先に亡くなったら、その後の生活が心配です。夫には前妻との間に息子がおり、私とはあまりうまくいっていません。夫の死後も、私は夫名義の今の家に住み続けられますか。生活費のために、家だけでなく預金も相続したいのですが。

▼A 家の評価額や預金額によっては、あなたが家を相続すると、それだけで法定相続分に達してしまい、預金は相続できない恐れがあります。家を息子さんが相続し、あなたはその家を息子さんから借りて住む形にし、預金はあなたが相続するという方法はありますが、息子さんと賃料などで合意しなければなりません。

ところで相続に関する民法などが昨年改正され、配偶者の生活安定のために「配偶者居住権」という制度が創設されました。これを利用すれば、あなたは今の家に無償で住みながら、家の所有権は息子さんが取得できるようになります。その場合、あなたは預金の一部を相続できます。

ただし注意が必要です。この制度は来年4月1日に施行され、その日以降に発生する相続でないと適用されません。また、あなたが配偶者居住権を取得する場合は、その財産的価値に相当する価額を相続したとみなされるので、相続税の対象となります。

あなたが配偶者居住権を取得する方法はいくつかありますが、まずは早めに夫に相談して、来年の4月以降に配偶者居住権をあなたに遺贈する旨の遺言を、夫に作成してもらってはいかがでしょうか。

西日本新聞 7月31日分掲載(郷司佳寛)

目次