「ほう!な話」

2019年12月4日

年金だけでは生活が苦しい

▼Q 70代の夫婦2人暮らしです。年金が2人合わせて毎月約12万円ありますが、家賃4万円と医療費などが2万円ほどかかります。他に収入はなく、貯金も底をつき、生活費のための借金が約50万円に膨らんでしまいました。このままでは病院にも行けなくなります。年金を受けていても生活保護を利用できるのでしょうか。

▼A 年金収入があっても、その金額が国の定める「最低生活費」を下回る場合は、生活保護を利用できます。最低生活費はお住まいの地域によって違いがありますが、70代夫婦2人の世帯だと、生活費分と家賃分の合計はおおむね12万~14万円になります。これに医療費分なども考慮して、最低生活費が決まります。あなたの世帯は生活保護を利用できます。

年金は2カ月ごとに支給されます。あなたの場合、年金支給月には年金だけを受け取り、足りない分が翌月の保護費として支給されることになります。医療費は、生活保護の医療扶助が認められれば、自己負担はありません。

また借金については、自己破産手続きなどを検討することになります。その際の弁護士費用は、収入や資産が一定額を下回る場合は、日本司法支援センター(法テラス)の民事法律扶助制度による援助が受けられます。

日本弁護士連合会は今月17日午前10時~午後10時に「全国一斉生活保護ホットライン」=フリーダイヤル(0120)158794=を開設します。分からないこと、不安なことがありましたら、ぜひ相談してください。

西日本新聞 12月4日分掲載(星野圭)

※このイベントは終了しました

目次