「ほう!な話」

2019年8月7日

「いじめじゃない」と息子は言うが・・・

▼Q 小学生の息子に、よく一緒に遊んでいた友達について「あいつは自慢話ばかりだから話さないことにした。それぐらいなら罪にならないし、いじめじゃないよね」と尋ねられ、言葉に詰まりました。どのように答えたらよかったのでしょう。

▼A いじめ防止対策推進法の2条にはいじめの定義が書かれています。大事な部分を抜き出して要約します。<「いじめ」とは、一定の人間関係にある児童等が心理的・物理的な影響を与える行為をし、対象となった児童が心身の苦痛を感じているものをいう>

この定義に照らせば、息子さんは、仲の良かった相手を無視するという行為によって、相手に心理的な影響を与えているといえます。相手が痛みや苦しみを感じていれば、いじめに当たります。犯罪に該当しないからといって、「いじめではない」とはなりません。いじめは孤立、不登校、最悪の場合は自死と、取り返しの付かない結果を生む可能性があります。

また同法9条は<自分の子どもがいじめを行うことがないよう指導に努める>と保護者の責務をうたっています。まずは息子さんの話をよく聴いた上で、「もし自分が同じことをされたらどう思うか」など、相手の気持ちに立って考えるよう諭すことが大切です。

福岡県弁護士会は、弁護士が小中学校や高校に出向く「いじめ予防授業」に取り組んでいます。「何がいじめに当たるのか」「いじめはどんな結果を招くか」「いじめをなくすには」を一緒に考えます。詳しくはホームページをご覧ください。

西日本新聞 8月7日分掲載(森俊輔)

目次