「ほう!な話」

2019年8月14日

「悪霊がついている」と言われ数珠を購入

▼Q 長い闘病生活を送っていたところ、数珠業者から「私には霊感がある。あなたには悪霊がついており、このままでは病状が悪化する。この数珠で念ずれば、悪霊が去って悪化しない」と言われ、数珠を買ってしまいました。返品して代金を取り戻したい。

▼A 今年6月に改正消費者契約法が施行され、売買やサービスなどの契約を取り消すことができる「事業者の不当な勧誘行為」に、いわゆる「霊感商法」が追加されました。

あなたの話では、事業者は合理的に証明するのが難しい「霊感」という能力を使って、「このままでは病状が悪化する」と不安をあおっています。さらに「数珠を買えば悪化しない」と困惑させて買わせており、これは霊感商法に当たります。あなたは売買契約を取り消し、業者に代金の返還を求めることができます。

その他にも、恋愛関係を利用し「これを買ってくれないと関係を続けられない」と迫る(デート商法)▽就職や容姿などについて不安をあおり契約を迫る▽認知症などで判断力が著しく低下して不安な人に「この食品を食べなければもっと悪くなる」と言う-なども「不当な勧誘」に追加され、契約を取り消せるようになりました。

事業者とのやりとりで不安を感じたときは、会話の録音やメール履歴の保存をしてください。
既に買ったりサービス契約したりして、不安を感じている場合は、速やかに各地の消費生活センターや弁護士会などにご相談ください。

西日本新聞 8月14日分掲載(永長寿美子)

目次