「ほう!な話」

2019年7月3日

ロースクールって何するの

▼Q 子どもがロースクールに行きたいと言っていますが、どんなことを学ぶのですか。

▼A ロースクールは法科大学院ともいわれ、法曹三者(裁判官、検察官、弁護士)に必要な学識や能力を培うことを目的とする教育機関です。法曹三者になるには、司法試験に合格しなければなりませんが、誰でも受験できるわけではありません。ロースクール修了者と、司法試験予備試験合格者だけが受験資格を得られます。

ロースクールは、法学既修者コース(2年制)と法学未修者コース(3年制)に分けられます。いずれも法律知識を学ぶだけでなく、「意見や利益が衝突する場面でどのように問題解決を図るべきか」という法的思考を身に付ける訓練をします。事実関係を整理し、事実をいかに評価し、説得力ある妥当な結論へ導くかを教員と学生、あるいは学生同士で議論を交わします。

福岡県弁護士会北九州部会は、そうした法的思考を中高生に体験してもらう「ジュニアロースクール北九州」を8月21日に開きます。福岡地裁小倉支部の本物の法廷で、殺人事件の模擬裁判を行い、証人や被告が述べたことや、検察官や弁護士が提出した証拠を基に、被告を有罪にすべきか無罪にすべきかをみんなで考えます。さらにその結論に至った理由を共有し、どちらの結論がより説得力があるかを話し合います。

将来、法曹の世界に進みたい、そのためにロースクールへ進学を、と考えている中高生はぜひご参加ください。

西日本新聞 7月3日分掲載(見越あけみ)

※このイベントは終了しました

目次