「ほう!な話」

2020年4月22日

制服のスカートを着たくない

▼Q スカートをはくのが嫌で、いつもズボンをはいています。来年、中学校に入学しますが、スカートの制服を着なくてはいけないのでしょうか。

▼A どのような服を着たいか、どのように自分を表現したいかは、憲法上保障されたとても重要な権利です。そうした考えから、福岡市は市立中の標準服(制服)を4月に一新し、スラックス、スカート、キュロットのどれか、生徒自身が着たいと思うものを選択できるようになりました。

市によると、69校のうち65校がこの標準服を採用しているとのことです。もしあなたが福岡市にお住まいで、市立中に通うつもりであれば、スラックスやキュロットも選べる可能性が高いです。

こうした制服選択制を採用する学校が全国的に増えています。福岡県内では他に、北九州市や粕屋郡などの一部の公立中でも導入しているようです。ただ一方で、どんな制服にするかは各校長の判断に任されているので、生徒が自由に選べない中学も多々あります。

もし自分の着たい制服での登校が認められないようでしたら、校長や教育委員会に相談してみてください。それでも変わらない場合は、弁護士にご相談ください。

福岡県弁護士会は、5月9日の午前10時~午後3時に「こどもの日記念無料電話相談」=092(752)1331/092(724)2644=を行います。
この日以外でも毎週土曜日の午後0時半~3時半に「子どもの人権110番」=092(752)1331=を受け付けています。

西日本新聞 4月22日分掲載(井上敦史)

目次