「ほう!な話」

2019年10月23日

東電裁判、強制起訴→裁判の経緯は

▼Q 福島第1原発事故を巡る東京電力旧経営陣の刑事裁判は、裁判になるまでにも複雑な経過をたどっていたと記憶しています。詳しく教えてください。

▼A この裁判は、内容はもちろんですが、検察が不起訴と判断したのに、市民でつくる検察審査会の判断に基づき「強制起訴」され、裁判に至ったことでも注目されています。

もともと、事故により、長期避難を余儀なくされた入院患者らを死亡させたり、多数の住民を被ばくさせたりしたとして、業務上過失致死傷罪で旧経営陣は告訴・告発されましたが、検察は2013年9月に不起訴処分としていました。事故を引き起こすような巨大津波を予測することはできず、具体的な対策を講じることはできなかったというのが理由でした。

これに対して、有権者の中から選ばれた11人で構成する検察審査会が「起訴相当」と議決。検察は再捜査し、また不起訴処分としましたが、検察審査会も再度「起訴相当」と議決。指定弁護士が16年2月に「強制起訴」し、刑事責任の追求にかじを切りました。

検察審査会とは、検察の判断が妥当だったか市民感覚でチェックする機関です。検察審査会が2度「起訴相当」の議決をしたときは、裁判所指定の弁護士を〝検察官役〟にして裁判が始まるのです。

旧経営陣に対する刑事裁判は、17年6月から今年3月までに37回の審理を重ね、9月19日に東京地裁で無罪判決が言い渡されました。指定弁護士が控訴したので、東京高裁で続きます。

西日本新聞 10月23日分掲載(早崎裕子)

目次