「ほう!」な話

2020年3月11日

原発事故の賠償 まだ請求できる?

▼Q 2011年3月11日の福島第1原発事故のため、福島県から福岡県に避難してきました。平穏な暮らしを奪われた精神的苦痛は大きく、東京電力に損害賠償を請求したいと考えています。まだ間に合うでしょうか。

▼A 福島第1原発事故は民法上の不法行為に当たります。一般的な不法行為に対し損害賠償を請求できる時効期間は、損害および加害者を知った時から3年です。しかし原発事故で3年では短すぎるという声があったことから、13年12月に特例法が施行され、時効が3年から10年に延長されています。

このため、今日で東日本大震災と原発事故の発生から9年になりますが、時効期間は過ぎていないので、あなたはまだ間に合います。時効を理由に請求が認められないということはありません。

また、時効経過前に提訴すれば、時効はリセットされるため、訴訟中に10年が過ぎても時効にかかることはありません。さらに、東電から損害賠償用の請求書などを受け取っていれば、それが記載された損害に対する「債務の承認」に当たり、同じく時効の進行がリセットされることになります。

なお、東電が時効を主張しないのであれば、時効期間が経過した後であっても、請求することができます。東電は時効について「柔軟な対応」をすると発表しています。とはいえ、できる限り時効経過前に請求することが安全です。

請求にはそれなりの準備期間が必要です。できるだけ早めに弁護士などに相談してください。

西日本新聞 3月11日分掲載(樋口雄一)

目次