「ほう!な話」

2019年7月24日

新築なのに 雨漏りやドア不具合

▼Q 工務店に一戸建てのマイホームを建ててもらいました。ところが住んで間もなく雨漏りが発生したり、ドアの立て付けが悪かったりと、さまざまな不具合が出てきました。工務店に何とかしてもらいたいのですが。

▼A 新築の建物に不具合が発生した場合は、工事に瑕疵(かし)(欠陥)があったかどうかが問題になります。通常、新築は雨漏りやドアの開閉に不良がないことが求められるので、瑕疵があったと認められるケースが多いです。

まずは建築した業者に原因の調査や補修を求めます。業者が協力してくれない場合は、弁護士に依頼して業者に補修または損害賠償を求めます。交渉しても解決しない場合は、訴訟を起こす方法があります。

ただ裁判は厳密な立証が必要で時間も掛かるので、それ以外の解決方法もあります。マイホームが、評価機関から建設住宅性能評価書が交付された「評価住宅」や、住宅瑕疵担保責任保険契約が付いた「保険付き住宅」である場合は、各弁護士会の住宅紛争審査会制度が利用できます。
話し合いで早期解決を目指します。弁護士と建築士のペアによる無料相談窓口も設けています。

評価住宅や保険付き住宅でない場合は、裁判外紛争解決手続き(ADR)が利用できます。弁護士などが第三者として「あっせん人」になり、両方の当事者の言い分を公平に聞き、双方にとっていい解決を目指します。建築瑕疵を巡る紛争であれば、建築士の協力も得られます。

西日本新聞 7月24日分掲載(原田康太郎)

目次