「ほう!な話」

2020年1月8日

親子でスマホのルール作りを

▼Q 高校1年の息子はスマートフォンでゲームやネットばかり。いかがわしいサイトも見ているようです。「ルールを守らないならスマホを没収するよ」「俺の自由だ」といつもけんかになります。

▼A 家庭内でルールを決めることの意味を、息子さんと一緒に考えてみませんか。法律の場合は、「目的」と「手段」の両面から「妥当性」を考えます。この考え方を応用してみましょう。

スマホは楽しいだけでなく便利で、知識を広げるのにも役立ちます。それでもルールが必要なのは、長時間使うと勉強や睡眠の妨げになったり、有害な情報に触れる危険性があったりするからです。それらを防ぐため、という目的は妥当と言えそうです。

では手段はどうでしょうか。勉強や睡眠の妨げにならないようにすることが目的なら、必ずしもスマホを没収しなくても、使える時間帯を決めるという手段があります。また、有害な情報に触れることを防ぐのが目的なら、特定サイトへの接続を制限する「フィルタリングサービス」などを利用するという手段があります。

このように、親が一方的にルールを決めるのではなく、目的を共有した上で、手段のアイデアを出し合うという姿勢で話し合いができれば、息子さんも納得するルールができるのではないでしょうか。こうした議論こそ、社会のさまざまな場面で役に立つ「法律的な思考」そのものなのです。

福岡県弁護士会は、具体的な事例で法律的な思考を体験する「ジュニアロースクール」に取り組んでいます。

西日本新聞 1月8日分掲載(渡部裕太郎)

目次