「ほう!な話」

2020年1月15日

外国人が弁護士に相談したいとき

▼Q わたしは、さいきん日本にほんにきた外国人がいこくじんです。このまえ、道路どうろくるまとぶつかって、けがをしました。いま病院びょういんにかよっています。これから、どうなるか心配しんぱいです。事故じこのことを弁護士べんごしさんに相談そうだんしたいのですが、どうすればいいですか。わたしは日本語にほんごがあまりはなせません。おかねもあまりっていません。

▼A 弁護士べんごし交通事故こうつうじこ相談そうだんがしたい、ということですね。それでは「やさしい日本語にほんご」で、外国人がいこくじん弁護士べんごし相談そうだんできる場所ばしょおしえます。やさしい日本語にほんごとは、ふつうの日本語にほんごより簡単かんたんみじかぶん使つかって、外国人がいこくじんにもわかりやすいようにしたつたかたです。

福岡県ふくおかけんでは、県弁護士会けんべんごしかい天神弁護士てんじんべんごしセンターで相談そうだんすることができます。電話番号でんわばんごうは092(741)3208です。

ほかにも福岡市ふくおかし国際会館こくさいかいかんにも弁護士べんごしがいるがあるので、相談そうだんができます。電話番号でんわばんごうは092(262)1799です。

北九州市きたきゅうしゅうし国際交流協会こくさいこうりゅうきょうかい弁護士べんごしがいるがあるので、相談そうだんができます。電話番号でんわばんごうは093(643)5931です。

これらの場所ばしょでは、日本語にほんごがあまりはなせなくても、相談そうだんすることができます。通訳つうやくするひとてくれたり、通訳つうやく機械きかい使つかえたりするからです。はじめてであれば、相談そうだんするのにおかねはかかりません。

相談そうだんをしたいひとは、まず電話でんわをかけて予約よやくしてください。それから、予約よやくした日時にちじ相談そうだんってください。

西日本新聞 1月15日分掲載(坂本龍彦さかもとたつひこ

目次