「ほう!な話」

2019年8月21日

外国人は離婚後も日本に住める?

▼Q 私の外国人の友達は5年前に日本人男性と結婚しました。でも夫の不倫が原因で、彼女は離婚を考えているようです。離婚しても日本に住み続けられますか。

▼A 外国人が日本で暮らす場合は在留資格が必要です。あなたの友達は「日本人の配偶者等」という資格で日本に住んでいると思われます。

彼女が夫と離婚して、その後、他の日本人男性と結婚することなく6カ月以上経過すると、在留資格の取り消し理由に該当し、最悪の場合は日本を去らなければいけなくなる恐れがあります。仮に在留資格が取り消されなくても、次の在留資格の更新時期までに、在留資格の変更手続きをしなければ、それ以降、日本に住み続けられません。

ただ夫との間に生まれた未成年の子どもがいて、離婚後もその子の親権を持ち、養育する必要がある場合は、「定住者」の資格に変更できる可能性が高いです。また彼女の場合、結婚歴が長いので、離婚するまでに「永住者」の資格が取れる可能性もあります。

さらにそのような資格が取れなくても、会社に就職すれば「技術・人文知識・国際業務」、起業すれば「経営・管理」の資格に変更できたりもします。さまざまな条件を満たせば、彼女は日本に住み続けられるでしょう。

福岡県弁護士会は外国人無料相談窓口=092(737)7555=を毎月第2、4金曜に開設しています。日本語だけでなく中国語や韓国語、英語でも対応しています。

西日本新聞 8月21日分掲載(川上誠治)

目次