「ほう!」な話

2020年9月9日

事故を起こすと、運転免許どうなる

▼Q 交通事故で、相手が全治3カ月のけがを負いました。私は相手の無理な運転が事故原因だと思っていますが、県公安委員会から、免許取り消し処分に関する「意見の聴取通知書」が届きました。どうすればいいでしょうか。

▼A 交通事故を起こすと、罰金や禁錮などの「刑事処分」のほかに、運転免許の取り消しや停止といった「行政処分」を受けることがあります。ご質問の通知は行政処分に関するものです。

意見の聴取とは、運転免許の停止(90日以上)や取り消し処分の前に、当事者に意見を述べる機会を与えることで、処分が公正・適切に行われるのを保障する制度です。あなたは今回の事故では相手の過失が大きいとみており、免許の取り消し処分になれば、それは適切ではないと受け止めているでしょう。

この場合、まず意見聴取に出席し、自身に過失がないことを主張しましょう。補佐人として弁護士の同席も可能です。聴取後、多くの場合はその日のうちに処分が通知されますが、再度調査をして後日通知されるケースもあります。

意見を述べても免許取り消しとなった場合は、県の公安委員会に処分の審査請求をすることができます。それでも処分が変わらない場合は、裁判所に処分取り消しの訴訟を起こす必要があります。

免許の取り消し処分を争うには正確な法律知識が必要です。お困りの場合は、福岡県弁護士会法律相談センター=(0570)783552=に気軽に相談してください。

西日本新聞 9月9日分掲載(前田恭輔)

目次