「ほう!」な話

2020年8月12日

ネットで中傷されたら

▼Q インターネット上で、私を誹謗(ひぼう)中傷する書き込みを見つけました。対処法はありますか。

▼A ネット上の中傷やプライバシー侵害への対処は、(1)サイト運営者に書き込みの削除を求める(2)「プロバイダー責任制限法」に基づき、書き込んだ人(発信者)を特定してやめさせる―の二つがあります。

(1)はメールや専用フォームでサイト運営者に削除を依頼します。サイト運営者が応じないときは、仮処分を申し立てたり、訴訟を起こしたりして削除請求できます。

(2)は「発信者情報開示」という制度を活用します。まずサイト運営者に対して、発信者のIPアドレス(ネット上の住所)の開示を求めます。IPアドレスからプロバイダー(ネット接続事業者)を特定し、発信者の名前や住所などの開示を請求します。サイト運営者やプロバイダーが応じなければ、これも仮処分を申し立てるなどの方法があります。

発信者が判明したら、削除や書き込み禁止を求めます。内容が悪質で名誉毀損(きそん)や業務妨害の疑いが強いときは、警察に刑事告訴したり、発信者を相手取り損害賠償請求訴訟を起こしたりもできます。

ただ、いずれの方法も手続きに時間がかかります。いったんネット上に流れた情報は時間とともに拡散され、取り返しの付かない被害を生む恐れもあります。IPアドレスの一般的な保存期間は3カ月程度で、対応が遅れると発信者の特定ができなくなる事態も考えられます。できるだけ早く、各地の弁護士会にご相談ください。

西日本新聞 8月12日分掲載(森山遼太郎)

目次