「ほう!な話」

2019年11月6日

前夫が子どもを返してくれない

▼Q 半年前に離婚し、私が親権者となり子どもと暮らしています。しかし先月の面会交流後、前夫が子どもを返してくれなくなりました。裁判所に子の引き渡しの申し立てをして認められましたが、それでも返してくれません。

▼A 子の引き渡しの直接的な強制執行(執行官が直接、子の引き渡しを実施すること)を裁判所に申し立てる方法が考えられます。

これまでは、民事執行法に子の引き渡しに関する明文規定がなかったため、どこまで執行官が関与できるか明確でなく、子どもを返してくれない親から子どもを取り戻すのは、簡単ではありませんでした。しかし今年、同法が改正され(来年に施行予定)、規定が設けられました。

直接的な強制執行は子どもに悪影響を与える恐れがあります。心身の負担をできる限り小さくする必要があるため、全てのケースで直ちに強制執行できるわけではありません。ただ改正で、要件を満たせば、例えば学校や保育園など子どもを返さない親の家以外の場所でも、強制執行が可能になります。また、返さない親の同意なく家に入り子どもを捜す権限が、執行官に認められるようになりました。親権者がその場に立ち会えば、引き渡しが可能です。

子どもにとって最良の方法を取る必要があります。困ったときは弁護士に相談してください。

福岡県弁護士会は13日午前10時から午後5時まで、無料電話相談「女性の権利110番」=093(583)3331=を開設します。気軽にお電話ください。

西日本新聞 11月6日分掲載(仲地彩子)

※このイベントは終了しました

目次