福岡県弁護士会からのお知らせ

2019年4月26日

専門職による くらし・事業なんでも相談会

法律相談

福岡専門職団体連絡協議会では、毎年恒例の「くらし・事業なんでも相談会」を下記の要領で開催することになりました。司法書士・土地家屋調査士・不動産鑑定士・行政書士・社会保険労務士・弁理士・中小企業診断士・弁護士・公認会計士・税理士がご相談をお受けいたします。
予約不要(当日受付・先着順)、無料となっておりますので、お気軽にご相談下さい。(相談時間:1件30分まで)

         


【開催日時】

2019年6月8日(土) 午前10時~午後4時(受付終了:午後3時30分)


【会 場】

・福岡会場:福岡市健康づくりセンター あいれふ10階講堂
(福岡市中央区舞鶴2-5-1)
・北九州会場:北九州市立 商工貿易会館2階多目的ホール
(北九州市小倉北区古船場町1-35)
・筑後会場:久留米市役所3階会議室
(久留米市城南町15-3)
・筑豊会場:イイヅカコミュニティセンター2階展示ホール
(飯塚市飯塚14-67)


【主 催】

福岡専門職団体連絡協議会
(福岡県司法書士会・福岡県土地家屋調査士会・福岡県不動産鑑定士協会・福岡県行政書士会・福岡県社会保険労務士会・日本弁理士会九州支部・福岡県中小企業診断士協会・福岡県弁護士会・日本公認会計士協会北部九州会・九州北部税理士会)


【共 催】

福岡市・北九州市・久留米市・飯塚市


【後 援】

福岡県


【問い合わせ先】

TEL:092-714-3721(福岡県司法書士会 事務局)
TEL:090-9483-5407(開催日専用番号)


専門職による くらし・事業なんでも相談会

  • URL

2019年4月25日

インターネット・IT関連相談会(面談相談/電話相談)

法律相談


インターネットやIT(情報技術)に関する悩み事、争いなどの法律問題について、無料の面談相談と電話相談(※)を実施いたします。
インターネットやIT関連問題に詳しい弁護士が、対処の方法や正しい法律知識を提供し適切なアドバイスを行います。お気軽にご相談ください。
※電話相談の際の通話料は、ご負担いただきます。



【開催日時】(面談・電話相談とも同じ)

2019年5月25日(土) 13:00~16:00


【面談相談】(先着順にて受付・予約枠が埋まり次第締切)

■事前予約:要
■予約用電話番号:092-741-6416(平日のみ)
■予約受付期間:4月25日(木)~5月24日(金)12:00まで
※相談日当日の予約については添付の案内チラシを参照ください。
■面談会場:福岡県弁護士会館(福岡市中央区六本松4丁目2番5号)
★当日は、公共交通機関を利用してお越し下さい。


【電話相談】

■事前予約:不要
■相談専用電話番号:092-724-2644(当日の開催時間帯のみ)


インターネット・IT関連相談会(面談相談/電話相談)

  • URL

養育費・ひとり親110番(弁護士による無料相談・2019年度第2回)

法律相談

同居親と子どもたちの生活を支えるうえで、別居親からの養育費の継続的な支払いはとても重要です。
離婚の際には言い出せなかった、またその時決めた金額を一切もらっていない、あるいは数か月や数年で支払われなくなった、といった場合の法的解決を図るために、弁護士による無料の電話相談を行います。
相談は、匿名でも受け付けますので、お気軽にお電話ください。

日時:2019年(令和元年)5月15日(水) 13時~16時

電話番号:092-724-2644

相談料:無料(通話料以外)


本年は、以下の日程で実施いたします。

福岡県弁護士会 2019年度 養育費・ひとり親110番

  • URL

2019年4月23日

弁護士による行政ホットライン(2019年度第1回)

法律相談


 福岡県弁護士会行政問題委員会では、下記日時に本年度第1回目の「弁護士による行政ホットライン」を電話相談並びに面談相談にて実施します。
 行政から権利を侵害されている、行政から適正にサービスを受けていない、行政が申請書類を受理してくれない、不服申立をしたい、行政訴訟を提起したいなどの相談に限らず、「行政の手続が難しくてよく分からない!」「自分の受けた手続は適正なのか」「受理して貰えないけど何が不備か分からない!」など単なる疑問の声や質問でも構いません。
 是非、ご相談下さい。
 なお、面談相談につきましては、原則として予約が必要になりますので、あらかじめ電話での予約をお願いいたします。(相談者枠に限りがございますので、お早めにご予約下さい。)



日  時   2019年(令和元年)5月16日(木) 
        午後3時~午後5時


[面談相談]
面談場所  福岡県弁護士会館 
       (福岡市中央区六本松4-2-5)
       ★当日は、公共交通機関を利用してお越し下さい。


面談の予約電話番号  092−741−6416 (面談相談予約専用)


面談予約受付期間   2019年5月7日(火)から受付開始
               (予約が埋まり次第〆切)
 
[電話相談]
当日の電話相談の電話番号  092−724−2644(電話相談専用)

  • URL

2019年4月26日

犯罪被害者支援条例を考える・第3回~市町村条例について~

シンポジウム・講演会など


 あなたも突然、犯罪被害者やその遺族になってしまうかもしれません。
殺人、交通事故、性暴力・・・自分自身や大切な家族が犯罪の被害にあうと、深い悲しみや怒り、悔しさ、何をして良いのかわからない、何も考えられない、という状態になります。
 被害者の日常を少しでも取り戻すためには、被害の直後からとぎれない経済面、生活面、医療面等の支援が必要です。そのためには地方自治体による支援が極めて重要であり、その根拠となる犯罪被害者支援条例が全国的に整備されつつあります。2018年3月に制定された福岡県犯罪被害者等支援条例も、そのひとつです。
 しかし、一番身近な自治体である市町村についてみると、福岡県内ではほとんどの市町村でまだ制定されておらず、県内で地域間格差が生じています。
 福岡県弁護士会では、被害者支援条例を制定することの必要性やその内容について、2017年7月及び12月に開催し、広く議論を重ねてきました。
 このたび、これらに引き続く第3回目としまして、市町村においても、被害者への経済的支援等を定めた犯罪被害者支援条例を制定することの必要性やその内容について、みんなで考えるためのシンポジウムを開催します。
            


日時:2019年5月24日(金) 15:00~17:00(14:30受付)
入場無料・予約不要


場所:福岡県弁護士会館3階大会議室(福岡市中央区六本松4-2-5)
駐車場はありませんので、公共交通機関をご利用ください。
    
主催:福岡県弁護士会


内容:
・【基調報告】市町村モデル条例案の提示  
 報告者:林誠(弁護士/福岡県弁護士会犯罪被害者支援に関する委員会委員長)
・【パネルディスカッション】
 パネリスト:諸澤英道氏(常磐大学元学長/世界被害者学会元理事)
 木本克己氏(横浜市市民局人権課専任職(犯罪被害者等支援
 担当)/精神保健福祉士/ 臨床心理士)
 山本美也子氏(被害者遺族)
 コーディネーター:世良洋子(弁護士)


犯罪被害者支援条例を考える・第3回~市町村条例について~

  • URL

カテゴリー

Backnumber

最近のエントリー