「ほう!」な話

2020年8月5日

子どものSOSを受け止めて

▼Q 新型コロナウイルスのため休校になっていた学校が6月から再開したのですが、子どもが最近、登校を嫌がるようになりました。何も話してくれず、心配です。

▼A いじめ、会員制交流サイト(SNS)上のトラブル、金銭問題といったことから勉強、校則への不満まで、子どもたちは、大人の知らないところでさまざまな悩みを抱えがちです。登校を嫌がるようになったのは、周囲の大人への無言のサインかもしれません。

特に今年は、コロナによって日常の遊びや友達との触れ合いが制限されたり、夏休みが短縮されたりして、子どもが我慢を強いられています。経済不振などで保護者の就労状態が変わり、子どもへ思わぬしわ寄せが生じていることも考えられます。

日本が批准する国連の「子どもの権利条約」は、子どもは単なる「保護の対象」ではなく、「権利の主体」であると位置付けています。子どもには生きる権利、育つ権利、守られる権利があるとうたい、自由に意見を表明し活動する権利も規定しています。

子どもがこうした権利を実現するためには、大人の手助けが不可欠です。福岡県弁護士会は、子どもの悩みや率直な意見を聞くため、毎週土曜日の午後0時半~3時半に、無料相談電話「子どもの人権110番」=092(752)1331=を開設しています。

子どもだけでなく、子どものことで悩んでいる大人からの相談も待っています。大人として、親として、子どものサインを見落とさないようにしましょう。

西日本新聞 8月5日分掲載(安河内亮)

目次