弁護士会の読書

※本欄の記述はあくまで会員の個人的意見です。

アフリカ

2007年3月 9日

我ら、マサイ族

著者:S.S.オレ.サンカン、出版社:どうぶつ社
 1971年に出版された本です。現在のマサイ族にそのまま通用するか分かりませんが、先にマサイ族と結婚した日本人女性の本を読んだので、この本も読んでみました。
 少年たちは割礼式を受けると、青年として一つの入社組(エイジ・グループ)に組織される。青年が下級青年から上級青年へ昇級するときには、エウノトと呼ばれる青年昇級式がある。
 予言師は、戦争と襲撃を支配している。
 マサイは、他のマサイを殺したときだけ、殺人の罪に問われる。マサイ以外の人を殺しても、マサイの社会では、その咎を受けることはない。殺人の罪に対しては、男を殺したときには49頭の牛で償われるべきだと考えられている。
 女を殺したときの定めはない。それは、日常また戦争において、マサイが女を殺すことは伝統的にありえないとされていることによる。男が女を殺すと、不幸に見舞われ、社会的立場をなくしてしまうと考えられている。
 男が誤って女を殺したときには、贖罪の儀式をして、自らの汚れを拭って清める。そして、賠償として48頭か28頭の羊が死者の父親か親族に支払われる。
 父親が死ぬと、まず長男が父親の遺産と債務のすべてをいったん引き継ぐ。あとで、遺産と債務を弟や異母兄弟に配分する。
 母親の遺産は、末息子が全部を相続する。これは母親の老後の面倒をみるのは末息子の義務とされていることによる。
 息子のなかで遺産の相続人として明示されているのは、長男と末息子の二人だけ。ほかの息子には相続権が明示されていない。しかし、たいてい、父親から数頭の牛を生前に分与してもらっている。娘には相続権がない。娘しかいないときには、娘に私生児をうませて、男の子が生まれたら、その子を自分の実子とみなして相続人とする。
 マサイは、野生動物の肉を口にすることを禁止されている。マサイが食べるのは家畜肉のみ。
 戦いで捕虜になって連れていかれたときを除いて、マサイの女性は、他民族の男性とは結婚しない。マサイの男は、他民族の女性と結婚する。ただし、マサイの男性は、女性に割礼を施す習慣のない民族とは通婚しない。
 マサイの妻は、夫と同じ年齢集団に所属する男性のなかから好きな男性を選び、寝床を共にし、子どもをもうけることが許されている。このような婚外交渉によって生まれた子どもは、彼女の夫の子どもとして社会的に認知される。ただし、マサイの女性は、男性を厳しく選択しているし、十分な交際をして愛をたしかめない限り、男性と同衾することはない。
 マサイ族のことを、少しですが、知ることができる本です。

2007年2月 5日

私の夫はマサイ戦士

著者:永松真紀、出版社:新潮社
 いやあ、いつの時代も日本の女性は元気バリバリ、勇敢ですね。実に、たいしたものです。まいりました。ひ弱な日本の男に目もくれないのです。トホホ・・・と、つい日本人の男の一人として愚痴りたくなりました。
 カリスマ添乗員であり、マサイ戦士の第二夫人というのはどんな女性なのか。写真を見て、うむむ。文章を読んで、なるほどなるほど、ついつい唸りました。
 添乗員といっても、並のガイドではありません。あの「沈まぬ太陽」の主人公のモデルとなった小倉寛太郎がもっとも信頼したガイドという肩書きがついているのです。これで私は、ますます畏敬の念を覚えました。
 小倉寛太郎氏は残念なことに、2002年10月に肺がんで亡くなられました。私も一度だけ大先輩の石川元也弁護士の出版記念会のときに名刺交換をさせていただきました。あたたかい人柄がにじみでるような温顔でした。
 福岡・北九州出身の女性がアフリカ、ケニアの地で活躍しているのを知るのも、うれしいことです。この本を読むと、ケニアとくにマサイ族の実情をかなり知ることができます。
 著者はマサイ戦士にあこがれていました。ところが、マサイ戦士のほうも著者を見て、たちまちプロポーズ。第二夫人にならないかと声をかけてきました。あれよあれよの展開のうちに、結婚式にいたるのです。運命の出会いなんですね。
 著者が、夫となるべき男性(ジャクソン)に出した条件は3つ。第三夫人をもらわない。女の子のとき、割礼は本人の意志にまかせる。仕事を続けることを認める。
 今ではケータイをもつ人(上級青年)が9割ということですが、それでもマサイ族の伝統は十分に保持されているようです。
 ケニアの人口は3240万人。マサイ族は30万人。マサイ族からも弁護士・医師・外交官・大臣が出ている。
 マサイの人々は、儀式などのほかは肉を食べることはほとんどない。日常的には、牛乳か、牛乳に牛の血を混ぜたものを食べている。集落内で肉を食べることは禁じられている。
 男は家畜の世話が主な仕事。女はタキギ拾いや水汲み。食事の準備、家屋の補修もする。
 男と女は別々に生活する。夫婦でも食事は別。寝るのも別。水浴びにも一緒に出かけることはない。女の求める男からの愛情表現は、家畜をもらうこと。第一夫人と第二夫人に対しては、平等に家畜や財産を分け与えないと一夫多妻制も難しい。
 この本にはセックスについても、かなりあけすけに書かれています。
 マサイにとって、セックスは子どもをつくる行為であると同時に、男と女が愛をたしかめあうという双方向のものではない。女に快楽があることをマサイの男は知らない。だから、夫妻のあいだでも、スキンシップがない。
 著者は夫にポルノビデオまで見せて教育しようとしたようですが、なかなかうまくいかなったといいます。
 マサイの男が美人だと思う女性の条件は顔やスタイルではなく、身につけているビーズの多さ。女性の乳房にも興味を示さない。それは子どものためのもの。そもそもセックスについて話すのは、マサイだけでなく、ケニア人全般においてタブーとなっている。
 マサイは一生のうち4回、名前が変わる。生まれたときにつけられる幼少期の名前、割礼直前にもらう少年期の名前、戦士時代の名前、そして最長老になったときの名前。それぞれの世代にふさわしい言葉を長老たちが選んで名づける。
 マサイにとってもっとも重要なことは、年長者を敬うこと、モラルをもつこと、マサイの伝統文化を尊重すること。
 長老は身体をつかう仕事ではなく、知恵をつかう。村では頻繁に長老会議が開かれる。儀式のこと、牛の病気のこと、ほかの氏族との争いごとをどう治めるかなど、実にいろんなことを話しあい、決める。
 マサイにとって、人は生きているときがすべて。死んでしまうと、それは物体でしかない。墓地はない。森の中の適当な場所に埋めるだけで、墓標も立てない。お墓まいりの習慣もない。
 結納金は牛4頭。嫁入り道具はひょうたん4つ。こんな文句がオビに書かれています。九州男児なんて何するものぞ。そんな自信と誇りにみちた著者の顔写真に迫力負けしてしまいました。

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8

カテゴリー

Backnumber

最近のエントリー