「ほう!な話」

2018年8月29日

豪雨で隣家の壁が壊れてきたら

▼Q 7月の西日本豪雨で隣家の塀が壊れ、私の敷地に残骸があります。隣の所有物なので、勝手に片付けていいのかためらっています。被害を受けているお宅に、片付けをお願いするのも気が引けます。何か良い方法はありませんか。

▼A 民法では、塀などの工作物の設置・保存の瑕疵(かし)(欠陥)により、他人に損害が生じたときは、所有者が責任を負います。そのため、塀の設置方法や強度などに何らかの瑕疵が認められれば、隣家に損害賠償を求めることができます。隣家の壁の倒壊を、あなたの敷地所有権を妨害するものとみなして、撤去や修繕を求めることもできます。

とはいえ隣家とは今後のお付き合いもあり、穏便に、早く解決したいというお気持ちがあると思います。ただ撤去や修繕方法、時期など、決めることは多岐にわたり、当事者だけで解決するのは簡単ではありません。

福岡県弁護士会は、西日本豪雨や昨年7月の九州豪雨にまつわる民事上のトラブルについて、弁護士が双方の言い分を聞き、訴訟ではなく話し合いで迅速に円満解決を図る調停制度(災害ADR)を行っています。災害ADRは、東日本大震災や熊本地震でも多く活用されました。申し立て手数料は無料です。

またADRにかかわらず、二つの豪雨被害について面談による無料法律相談も17カ所で行っています。電話=(0570)783552=で申し込んでください。

西日本新聞 8月29日分掲載(仁田畑莉加)

目次