「ほう!な話」

2019年2月20日

交通違反で処分、納得できない

▼Q 右折禁止の場所で右折してしまい、警察官から反則金の納付と減点を告げられました。私の前を走っていた車も右折していたし、右折禁止の標識も見当たらないので、納得できません。訂正してもらいたいのですが。

▼A 私たちは交通違反で「減点された」とよく言いますが、実際は、違反のたびに決まった点数を加えていく「累積方式」を警察は採っています。

交通違反で不服を訴える場合、反則金と点数で対応が異なります。反則金について争うなら、まずは反則金を納付しないことです。そうすれば刑事手続きに移り、捜査が行われるので、取り調べの際に警察官や検察官に事情を話すことができます。捜査の結果、検察官が「不起訴にすべき」と判断した場合は、納付する必要はなくなります。検察官が「起訴すべき」とした場合は起訴されるので、裁判所で自身の言い分を主張することになります。

点数については、この加点によって免許停止処分や、優良運転者でない免許更新処分になるなど、具体的な影響が出たときに、それらの処分に対して不服申し立てをするか、取り消し訴訟で争うことができます。ただ、単に加点されただけで影響がない場合は「訴えの利益がない」として訴訟は却下されます。却下されずに審理に進めば、自身の言い分を主張できます。言い分が認められれば、免許停止処分が取り消されたり、優良運転者として更新されたりします。

このような方法は自身で対応するのは難しいので、弁護士にご相談ください。

西日本新聞 2月20日分掲載(池田翔一)

目次