「ほう!な話」

2018年7月11日

この時代「大人」にはどんな能力必要?

▼Q 高校生の子どもがいます。選挙で18歳から投票できるようになったり、成人年齢が18歳に引き下げられることが決まったりと、子どもたちは、より早い段階で「大人」と扱われることになると感じています。これからの時代、子どもたちはどんな力を、どのように身に付ければよいでしょうか。

▼A 現代は、インターネットが発達し、グローバル化が進んだ高度情報化社会です。この時代には、たくさんの情報を多面的に捉え、自分の頭で考えて取捨選択できること、他者との合意形成ができること、といった能力が求められています。

そこで私たち弁護士は、法的側面からこうした能力を育む機会を提供するため「刑事模擬裁判体験」や「主権者教育(全校集会で投票を体験する)」など、出前授業の実践や授業案づくりなどの活動をしてきました。

2022年度からは、学校現場で、従来の「現代社会」が廃止され、新科目「公共」が設置されます。「公共」では、平和で民主的な国家や社会の形成者に必要な資質・能力を育成することを目標に、ただ教わるのでなく知識を使いこなす、他者と議論して考える、結論を出す、といった能力を養う授業を目指すことになりました。

福岡県弁護士会は8月10日午後1時から、福岡市・天神の福岡ビル9階大ホールで「新科目〈公共〉授業セミナー」を開催。教科書の執筆担当者や研究者、教員と「公共」の授業づくりを考えます。問い合わせは電話=092(741)6416。

西日本新聞 7月11日分掲載(吉田俊介)

※このイベントは終了しました

目次