いじめ自殺、繰り返させないために - 「ほう!な話」 | 福岡県弁護士会

「ほう!な話」

2018年7月18日

いじめ自殺、繰り返させないために

▼Q 公立高校1年の友人の娘さんが自殺してしまいました。学校でいじめを受けていたようです。このような不幸なことを二度と繰り返さないために、私たちはどうしたらいいのでしょうか。

▼A 自殺の原因や背景事情をできる限り明らかにし、いじめの防止・早期発見や、万一いじめがあった場合の対策につなげていくことが、お子さんを亡くしたご友人の願いではないかと拝察します。

まずは、ご友人が、全生徒を対象にした調査を行い、結果を報告するよう学校に依頼することが必要だと考えます。時間が経過すれば生徒たちの記憶もあいまいになってしまうので、最初の調査はできるだけ早く実施することが重要です。

2013年に成立したいじめ防止対策推進法は、いじめが原因で子どもが自殺したり、長期欠席したりしている場合、学校が第三者委員会を設置して事実関係を調査すること、としています。

委員会は、弁護士、心理や福祉の専門家などの第三者で構成され、聞き取り調査などで事実関係を明確にします。この結果は保護者に提供され、教育委員会を通じて県知事へ報告されます。

学校側によるこうした調査が不十分だったり、納得いく説明がなかったりした場合は、県知事に要請し、改めて事実関係を調査してもらうことも可能です。

福岡県弁護士会は、いじめ問題や自死問題などさまざまな法律相談を実施しています。詳しくは弁護士会のホームページをご覧ください。

西日本新聞 7月18日分掲載(佐川民)

目次