「ほう!な話」

2017年12月6日

家族からの性被害、どこに相談

▼Q 僕は中学生です。小学生の頃からずっと家族に体の大切な部分を触られています。怖くて抵抗できません。恥ずかしく、とてもつらく、誰にも相談できません。

▼A 性被害について相談できる場所があります。児童相談所や民間団体、弁護士会の相談電話は何でも相談できます。秘密は守られます。

男性の性被害は深刻です。「男の子なんだから強くなりなさい」「男のくせに泣くなんて」といったふうに、男性は男らしくあるべきという社会からのメッセージを浴びて生きています。そんな中で性被害に遭うと「弱い自分」を責め、苦しみ、誰にも相談できない状況に追い込まれがちです。でも男性だって当然、嫌なことは嫌と言っていいのです。

7月には性犯罪を厳罰化する改正刑法が施行されました。改正前の強姦(ごうかん)罪は女性の被害だけを対象にしていましたが、改正後の「強制性交等罪」は男性も被害者に含めます。

家庭内での性的虐待を念頭に、親などの「監護者」が立場を利用して18歳未満の人に性的な行為をすれば、暴行や脅迫がなくても罰することができる「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」も新設されました。

福岡県弁護士会は19日午後2時から、被害者支援について話し合うシンポジウム「犯罪被害者支援条例を考える・第2回」を福岡市・天神の天神ビルで開きます。弁護士会の犯罪被害者無料電話相談=092(738)8363(毎週火・金曜、午後4~7時)。

西日本新聞 12月6日分掲載(世良洋子)

※このイベントは終了しました

目次