「ほう!な話」

2017年6月14日

精神的DVを受け離婚を考えている場合

▼Q 夫が私の人格を全否定したり、怒ると物を壊したりするのでつらいです。離婚を考えていますが、どうすれば良いでしょうか。

▼A 今までよく頑張ってこられましたね。あなたが受けているのは、ドメスティックバイオレンス(DV)の被害と考えられます。

DVには、身体的な暴力のほか、精神的暴力といって、言葉や、物を壊すことなどにより配偶者を傷つける行為も含まれます。最近はモラルハラスメントと呼ばれることもあります。ほかにも、生活費を渡さない、性行為を強要する、といったこともDVの一種です。

離婚を進めるには配偶者と話し合いができれば良いのですが、DVがあるケースは難しいことも多いです。そのような場合、家庭裁判所で調停や裁判をする方法があり、手続きの中で精神的DVも主張できます。

ただし、裁判で離婚が認められるには、法律上の離婚原因を立証する必要があります。精神的DVは目に見えない暴力なので実態が伝わりにくく、証拠の準備が必要な場合もあります。弁護士や各自治体の女性センターの相談員などへ相談することをお勧めします。

福岡県弁護士会は23~30日の期間中の午前10時~午後4時、弁護士が無料で電話相談に応じる「女性の権利110番」を実施します。実施日程や電話番号は地域で異なるので、詳細は県弁護士会のホームページか
電話=092(741)6416=で確認してください。

西日本新聞 6月14日分掲載(馬場彩)

※このイベントは終了しました

目次