「ほう!な話」

2018年8月1日

17歳の息子が逮捕されてしまったら

▼Q 17歳の息子が友達とバイクで暴走行為をして警察に捕まりました。どうしたらいいでしょうか。

▼A まずはお近くの弁護士会へ連絡し当番弁護士(当番付添人)を依頼してください。弁護士が速やかに出向いて、お子さんと面会します。初回の面会は無料です。

お子さんは、捜査が終わると、家庭裁判所が必要だと判断すれば少年鑑別所へ送られ、約4週間かけて、非行原因や生活状況について調査が行われます。家裁は、審判という手続きによって、保護観察や少年院送致といった処分を決めます。

審判では、お子さんの反省の程度、職場や家庭に立ち直る環境が用意されているか、再び非行を行う可能性がないか、などが吟味されます。

弁護士は付添人として、面会や環境調整などで、立ち直りをサポートします。親御さんも親としてできることを考えていただき、付添人と連携して立ち直りを目指していくことが求められます。

家裁に送られた後、国の費用で付添人がつく事件は全てではありません。しかし弁護士会は、費用負担なく付添人をつけられる制度を設けているので、利用してください。

福岡県弁護士会は、18日午後1時から、福岡市・天神の天神ビル10号会議室で、全面的な国選付添人制度実現を目指すシンポジウム・市民集会「なんで弁護士、ついとらんと?」を開催します。問い合わせは電話=092(741)6416。

西日本新聞 8月1日分掲載(恵崎優成)

目次