「ほう!な話」

2017年11月15日

「年金分割」とは?

▼Q 11年前に結婚し、専業主婦として暮らしてきましたが、今は離婚を考えています。
将来の生活が不安になり調べてみると「年金分割」という制度があるのを知りました。私も利用できるのでしょうか。

▼A 年金分割は、婚姻期間中の厚生年金の保険料納付記録を、離婚時に分割するものです。会社員の夫と専業主婦の場合、厚生年金の保険料を納めた記録は夫だけに残るので、離婚すると妻がもらえる年金は夫と比べ低額になります。この格差を解消するための制度が年金分割です。

誤解されている方も多いのですが、分割されるのはあくまで婚姻期間に限った保険料納付記録で、しかも収入に応じて保険料を納める「報酬比例部分」だけであり、夫が受け取る年金全体を○割対○割に分けるということではありません。

具体的な方法は分割の対象期間などによって異なりますが、2006年に結婚された場合、夫婦で分割の割合を話し合い、合意した上で、年金事務所に分割を請求する必要があります。割合は多くが2分の1とされています。合意が難しければ裁判所を利用することもできます。

分割請求ができるのは離婚から原則2年以内。不明な点は年金事務所や弁護士などにご相談ください。

福岡県弁護士会北九州部会では21日午前10時~午後5時、こうした問題などに無料で電話相談に応じる「女性の権利110番」を実施します。電話は093(583)3331、3663です。

西日本新聞 11月15日分掲載(牧山愛美)

目次