中小企業の皆さん、弁護士が力になります!(中小企業法律支援センター)

中小企業法律支援センター

中小企業の皆さん、事業運営にあたって心配していることはありませんか。

  • 「売掛金を回収できない・・・」
  • 「後継者にスムーズに事業を承継したい・・・」
  • 「経営を立て直したい・・・」

もしこのようなことでお悩みならご連絡ください。
中小企業法律支援センターは、中小企業の皆さんを法的に支援します。

初回相談無料です!!まずはお電話ください!

相談の申込み

ひまわりほっとダイヤル

☎ 0570-001-240

月曜日~金曜日(祝日を除く)
午前10時~午後4時(正午から午後1時までを除く)

※電話による相談は受け付けておりません。

Webでも可能です。

フォームは簡単・5分で入力できます。

申込みから相談までの流れ

  • まずはお電話ください!0570-001-240

  • Webでの申込みも可能です!▸ Webお申込みはこちら

  • 会社名・連絡先などの基本情報をお伝え/ご入力ください。
    海外展開・国際取引に関する相談は,その旨お申し出ください。

  • 折り返し,弁護士から連絡が来ます。
    法律相談の日時を調整してください。

  • 弁護士の事務所などで法律相談
    初回相談無料です!

  • 問題解決!
    又は継続相談・事件依頼へ

主な相談事例

※ 最下部に、Q&Aもございますので併せてご確認下さい。

売掛金の回収
  取引先に信用不安の噂があります。当社の売掛金を払ってもらうためにはどのようにすればよいでしょうか?  
相談事例
契約交渉
  取引先から契約書が送られてきました。こちらに有利な内容に変更してもらうよう交渉することはできるのでしょうか?  
相談事例
クレーム対応
  当社の製品を購入した人が毎日のように苦情電話を掛けてきます。どこまで対応しなければならないでしょうか?  
相談事例
賃貸借
  当社の周辺オフィス賃料が下がっているようです。当社の賃料も下げてもらうことはできませんか?  
相談事例
労使問題
  円満に退社したはずの従業員から突然、残業代の支払いを求める手紙が届きました。支払わなければなりませんか?  
相談事例
模倣品対策
  当社の製品とそっくりな製品を競合他社が販売しているのを見つけました。やめさせる方法はありますか?  
相談事例
新規事業
  当社は他の2社と販売提携を行うことにしたのですが、何を決めておけばよいでしょうか。契約書にした方がよいでしょうか?  
相談事例
事業継承
  末っ子に会社を継がせたいのですが、長男達にはどう対処したらよいのでしょうか?  
相談事例
海外展開・国際取引
  海外の企業と取引することになりました。契約書が送ってきましたが、サインするにあたりどのような点に注意すればよいですか?  
相談事例

中小企業法律支援センターQ&A

Q. 個人事業者ですが、相談を申し込んでも大丈夫ですか?

A.

はい、事業に関することでしたら個人事業者の方からの相談も受け付けます。

Q. 事業再生を専門にしている弁護士に相談したいのですが、可能ですか?

A.

担当弁護士の専門についてご希望がある場合にはできるだけ希望に沿えるよう努力しますが、お約束できません。しかし、登録弁護士は皆、研修を受けた弁護士ですので、安心してご相談下さい。

Q. 地元の弁護士にお願いしたいのですが、可能ですか?

A.

福岡、北九州、筑後、筑豊の各地区の弁護士が相談を担当することになっていますので、ご安心ください。

Q. 申込み後、弁護士から連絡が来るまで、どれくらいの時間がかかりますか?

A.

休前日を除き、申込みから2日以内にお電話することとしています。しかし、担当弁護士の事情にもよりますので、一応の目安として下さい。休前日の場合は、休日明けになることもあります。

Q. 申込み後、実際に相談をするまで、どれくらいの時間がかかりますか?

A.

実際の相談日時は、担当弁護士と調整していただくことになります。日程調整のご連絡からできるだけ3日以内に相談日時を設けることとしていますが、やはり担当弁護士の事情にもよりますので、一応の目安として下さい。

Q. 法律相談料はいくらですか?

A.

初回相談は無料です。もっとも、担当弁護士に継続して相談する場合や事件を頼む場合には、弁護士報酬が発生します。報酬額については、担当弁護士との話合いによって決めていただくことになります。

Q. 相談内容は秘密にしてもらえますか?

A.

もちろんです。個人や事業者を特定できない形の統計資料として使用させてもらうことはありますが、具体的な相談内容が第三者に漏れる心配はありません。なお、相手方に弁護士がついている場合は、念のためその弁護士の名前を申込み時にお伝えください。違う弁護士を担当とさせていただきます。