「ほう!な話」

2018年2月7日

eコマースは海外からの注文にも注意

▼Q 私は専業主婦です。昔からイラストを描くのが好きでしたが、今回一念発起して、自分で描いたオリジナルキャラクターを使った商品をつくり、インターネットを通じて販売しようと考えています。事業を始めるにあたって、どんな点に注意すればいいでしょうか。

▼A ネットなどを通じた商取引は一般に「eコマース(電子商取引)」と呼ばれています。ご相談のように、最近は買う側だけではなく、売る側として、eコマースに関わる方も増えてきているようです。

気を付けるべきなのは、eコマースにおいては、取引相手が日本国内にいる人に限られない、という点です。海外に商品を販売する場合は、その国の関係法令にも注意を払わなければいけません。もちろん国ごとに法令は異なります。安易に裾野を広げてしまっては、思いがけないトラブルに巻き込まれるおそれもあります。

例えば、日本では通常返品できないような商品でも、相手国では返品可能としているケースなど、消費者保護に関する問題や、製造物責任に関する問題を、事前に検討しておく必要があります。

また、オリジナルキャラクターの知的財産権についても、国ごとに法令が異なるので注意が必要です。

福岡県弁護士会は「ひまわりほっとダイヤル」で、事業者の海外取引・海外展開について相談に応じています。電話は、(0570)001240。

西日本新聞 2月7日分掲載(姜成賢)

目次