「ほう!な話」

2018年10月3日

生物多様性基本法って何

▼Q 私の住む町で生物多様性地域戦略が策定されました。生物多様性基本法に基づいていると聞きましたが、どんな法律ですか。そもそも生物多様性って何ですか。

▼A 地球上には動物や昆虫、植物、細菌など多様な生物が存在しています。これらは互いに直接的、間接的に関わり合っています。

豊かな生物や生態系は、食べ物、紙や建材、清浄な水や大気などさまざまな“資源”を提供してくれます。水害などを防止する役割も担ってくれています。さらに医薬品には植物や海洋生物の成分が使われています。このような生態系による恵み(生態系サービス)があって初めて、人間をはじめとする生物は生きられるのです。この相互のつながりのことを「生物多様性」と呼んでいます。

生物多様性を守り、末永く恵みを利用できるよう、日本など約200の国と地域は生物多様性条約を締結しています。取り組みを国内でも進めるため、2008年に基本法が制定されました。

基本法は野生生物の種の保護、外来種による被害防止、自然資源の適切利用、生物多様性に配慮した事業活動などについて定めています。そして地方自治体ごとの戦略策定を努力義務としています。

あなたの町の戦略はこうして策定されました。福岡市は脊振山地や室見川、北九州市は曽根干潟や平尾台に触れるなど、地域特性や政策によって異なる内容になっています。各自治体でどんな戦略が立てられているか、調べてみるのも面白いかもしれませんね。

西日本新聞 10月3日分掲載(緒方剛)

目次