「ほう!な話」

2018年1月10日

美容医療でもクーリングオフは可能に

▼Q 先日、美容医療のクリニックで脱毛をすすめられ、断れずに3カ月で10万円の契約をしてしまったのですが、解約できますか。

▼A 改正特定商取引法が昨年12月1日に施行され、医療機関も一定期間内の契約解除(クーリングオフ)の適用対象になりました。

具体的には(1)脱毛(2)にきび・しみ・そばかす・ほくろなどの除去(3)肌のしわ・たるみ取り(4)脂肪の溶解(5)歯の漂白-などについては、定められた方法(光の照射、薬剤の注射など)によるときには、クーリングオフできるようになりました。

ただし期間が1カ月を超えて継続して行われる美容医療契約で、金額が5万円を超える、という二つの要件を満たす場合です。

このような契約であれば、クリニックから法定書面を交付された日から8日以内であればクーリングオフできますし、8日を超えた場合でも中途解約できます。

中途解約はクーリングオフとは違い、契約を最初からなかったことにできるわけではなく、3カ月契約としていても、理由なく途中で解約できるものです。

契約書を確認して、昨年12月1日以降の契約でしたら、クーリングオフか中途解約を、クリニックに対して通知してください。トラブルの可能性を考えると、配達証明付きの内容証明郵便で出した方が確実です。分からない場合には、悩まずにお近くの消費生活センターや弁護士にご相談ください。

西日本新聞 1月10日分掲載(山田裕二)

目次