「ほう!な話」

2018年8月15日

ご近所トラブルは話し合いで

▼Q マンションの上の階に住む子どもの跳びはねる音に悩んでいます。分譲なので転居するわけにもいきません。解決方法はないでしょうか。

▼A マンションは上下階や隣の住民との距離が近いので、騒音に関する悩みが多く寄せられます。対応策の一つとして、裁判所に訴訟を起こし、騒音により精神的苦痛を被ったとして慰謝料請求や、原因行為の差止請求を行うことが考えられます。しかし騒音の程度が隣人として一般的に我慢すべき限度、すなわち「受忍限度」を超えていることを立証する必要があり、簡単ではありません。訴訟にまで至ってしまうと、今後のご近所付き合いが難しくなることもあります。

できるだけ話し合いによる解決を目指したいものです。ただ、当事者だけで話し合いがうまくいくか、心配もあると思います。

弁護士会の紛争解決センターが行っているADRという手続きはいかがでしょうか。ADRとは、訴訟によらない紛争の解決手法のことを指し、中立的な第三者(あっせん人)を間に立てて、当事者同士が話し合いを行うものです。

ADRでは、弁護士があっせん人として関わるので解決の指針が立てやすく、何より訴訟と違って角の立たない、お互いが歩み寄って納得した上での解決が期待できます。訴訟より早期に、費用も安く済む場合が多いこともメリットです。弁護士の代理人を立てずに、ご自身で話し合いをされることも可能です。

西日本新聞 8月15日分掲載(吉田大輝)

目次