福岡県弁護士会からのお知らせ

シンポジウム・講演会など

2016年8月25日

緊急学習会「災害後の自殺を防止するために」


本年4月に発生した熊本地震を受け、熊本県弁護士会では、被災者支援に懸命に取り組んでおります。そして、福岡県弁護士会は、厚生労働省の助成を受け、自死問題対策に関する様々な活動を行ってきました。
両弁護士会は、現在熊本において懸案となっている被災者や支援者の精神的ケアに関して、何か協力してできることはないかと検討しておりました。そのような中、本年8月1日に熊本の男性自殺者がはじめて震災関連死と認定されたという報道に接しました。
調べてみると、東日本大震災でも、昨年まで毎年20~30人台の「震災関連自殺」が発生していると報告されており、被災者支援の現場における自殺予防の視点の重要性を改めて認識させられた次第です。

そこで、両弁護士会の共催で、以下のとおり、来る9月17日(土)の13時~14時30分に、東日本大震災後の自殺対策に取り組んできた専門家を講師に迎えて、緊急学習会を行うことにいたしました。
災害後の自殺予防に役立つ実践を学ぶことができる貴重な機会ですので、遠方のところ大変恐縮ではございますが、多くのみなさまに参加していただきますよう、よろしくお願いいたします。

                 記


日 時:2016年(平成28年)9月17日(土)13時~14時30分
場 所:アークホテル熊本城前 椿・朝顔の間(熊本市中央区城東町5-16)
講 師:前田正治氏(福島県立医科大学・災害こころの医学講座 主任教授)


緊急学習会「災害後の自殺を防止するために」

2016年8月23日

【参加・相談すべて無料!中小企業のための講演会・法律相談会】のご案内

福岡県弁護士会では、平成28年9月16日(金)に県内4カ所で中小企業のための無料法律相談会を実施いたします。
取引先とのトラブル、取引先からの債権回収、雇用問題などお困りの点がございましたらご相談ください。日頃の経営の中で疑問に思われている法律的な問題点を弁護士に確認してみたいといったことでも、お気軽にご来場ください。
また、福岡・北九州・筑後地区では、当日講演会も予定しております。


◆福岡地区
<講演会>
「小さく始めて1億売った ママ起業 私の方法」
日時:平成28年9月16日(金)14:30~15:30
場所:福岡ビル9階(福岡市中央区天神1-11-17)
講師:園田正世氏(北極しろくま堂有限会社 代表取締役)
参加費:無料


<無料法律相談会>
日時:平成28年9月16日(金)15:30~17:00
場所:福岡ビル9階(福岡市中央区天神1-11-17)
福岡県よろず支援拠点のコーディネーター10数名もご相談をお受けします。


お申込みはこちらから


※お問い合わせ先: 092-741-6416
案内チラシのダウンロードはこちら(PDF)


◆北九州地区
<講演会>
「労務トラブルにならないために ~押さえておきたい労働法実務の基礎~ 」
日時:平成28年9月16日(金)14:00~15:00
場所:北九州弁護士会館(北九州市小倉北区金田1-4-2)
講師:中野敬一弁護士、一柳俊文弁護士(福岡県弁護士会所属)


<無料法律相談会>
日時:平成28年9月16日(金)15:00~17:00
場所:北九州弁護士会館(北九州市小倉北区金田1-4-2)
※お申込・お問い合わせ先: 093-561-0360
案内チラシのダウンロードはこちら(PDF)


◆筑後地区 
<講演会>
「金融機関から見た"儲かる"企業の秘密」
日時:平成28年9月16日(金)13:30~15:00
場所:久留米商工会館(久留米市城南町15-5)
講師:日本政策金融公庫福岡支店
   支店長兼国民生活事業統轄 池隅 剛志 氏


<無料法律相談会>
日時:平成28年9月16日(金)15:10~17:10
場所:久留米商工会館(久留米市城南町15-5)
※お申込・お問い合わせ先: 0942-33-0213
案内チラシのダウンロードはこちら(PDF)


◆筑豊地区
<無料法律相談会> 
日時:平成28年9月16日(金)13:00~15:00
場所:飯塚法律相談センター(飯塚市新立岩6-16 弁護士ビル3階)
※お申込・お問い合わせ先: 0948-28-7555

2016年7月 8日

日弁連人権大会第2分科会プレシンポジウム 【より良い主権者教育のために〜教師と弁護士の共同による授業実践を踏まえて〜】


今年からいわゆる18歳選挙権が施行され,学校における主権者教育が注目されています。私たちは主権者教育について、表面的な投票行動の方法を教えるのではなく,その前提として政策の是非を主体的に考え,自らの生活に引きつけて投票するプロセスを教えることが求められていると考えております。当会は、2016年(平成28年)8月8日午後1時~4時に天神ビル9階会議室にて表記のプレシンポジウムを開催致します。皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。


日時:2016年(平成28年)8月8日(月)13時~16時(開場 12時30分~)
会場:天神ビル 9階会議室 定員約120名
   福岡市中央区天神2丁目12番1号
内容:第1部 基調講演「求められる主権者教育~政治学の観点から」
   第2部 福岡県弁護士会が行った主権者教育の実践報告
   第3部 パネルディスカッション「より良い主権者教育を目指して」


申込み,下記から申込書をダウンロードしてファクスして下さい。
(会場が満席の場合は事前申し込みされた方を優先します。事前申込みにご協力をお願いします。)

申込書のダウンロードはこちら(PDF)


主催 福岡県弁護士会
共催 日本弁護士連合会、九州弁護士会連合会
後援 福岡県教育委員会,福岡市教育委員会,北九州市教育委員会,福岡県高等学校公民科研究会,福岡県中学校社会科研究会
問い合わせ先 092-741-6416(福岡県弁護士会)


日弁連人権大会第2分科会プレシンポジウム 【より良い主権者教育のために〜教師と弁護士の共同による授業実践を踏まえて〜】

2016年7月 7日

「死刑廃止を考える」連続シンポジウム~死刑廃止、そして次へ~


 ※台風12号が近づいておりますが、9/2(金)17:30時点では、本シンポジウム開催予定です。もし、中止となる場合には、弁護士会の代表電話(092-741-6416)にてその旨アナウンスいたします。(留守電メッセージですので、お問い合わせにはお応えできません。)
   

 福岡県弁護士会では、以下のとおりシンポジウムを行います。是非、お越し下さい。

                 
                  記
 「死刑廃止を考える」連続シンポジウム ~死刑廃止、そして次へ~


【開催日時】
  2016年9月3日(土)13時~17時

【会  場】 
   アクロス福岡 4階・国際会議場
    福岡市中央区天神1-1-1
    福岡市営地下鉄空港線・天神駅から徒歩3分
    西鉄大牟田線・福岡天神駅から徒歩10分

【参加費】 
   無料

【問い合わせ先】
   TEL:092-741-6416
           (福岡県弁護士会 事務局)
          


「死刑廃止を考える」連続シンポジウム~死刑廃止、そして次へ~


チラシのダウンロードはこちら(PDF)

この秋からの修習手当の創設を目指す全国リレー市民集会in九州

 皆様からのご支援のおかげで、本年6月2日、閣議決定(いわゆる「骨太の方針」)に「司法修習生に対する経済的支援の充実・強化を推進する」と盛り込まれる所までこぎ着けることができました。
 しかし、その具体的な内容や予算措置はまだ定まっていません。日弁連では、今秋から修習生への手当支給(修習手当)を実現するべく、全国各地で市民集会を行い、この問題への理解を深めることとしました。
 九州では下記のとおり開催されます。皆様のご参加をお待ちしております。


                記


◆日 時:2016年8月6日(土)14:00~16:00(受付13:30~)
◆会 場:福岡県弁護士会館 3階ホール(福岡市中央区城内1-1)
◆主なプログラム
       国会議員挨拶
       給費制問題のこれまで
       当事者の声(ロースクール修了生、ビギナーズ・ネット、
                        被災地熊本からの報告ほか)
       情勢報告とこれからの取り組み

◆主  催:九州弁護士会連合会
◆共  催:日本弁護士連合会、福岡県弁護士会、佐賀県弁護士会、長崎県弁護士会、
      大分県弁護士会、熊本県弁護士会、鹿児島県弁護士会、宮崎県弁護士会、
      沖縄弁護士会、ビギナーズ・ネット


この秋からの修習手当の創設を目指す全国リレー市民集会in九州

2016年5月27日

大藪順子氏講演会「立ち上がる選択~性暴力を許さない社会のために~」


 福岡県弁護士会では、以下のとおり大藪順子氏により講演会を開催いたします。
 是非、お越し下さい。

                 
                  記
 大藪順子講演
 「立ち上がる選択~性暴力を許さない社会のために~」


【開催日時】 2016年6月5日(日)13時~15時
       (開場:12時30分)


【会  場】 
  ・アクロス福岡 会議室(607号)
   ※インフォメーション横のエレベーターをご利用ください。
    北側正面入り口左右のエレベーターからは行けません。

【参加費】
  
  ・無料 先着100名限定


【問い合わせ先】TEL:092-741-6416
           (福岡県弁護士会 事務局)
          

大藪順子氏講演会「立ち上がる選択~性暴力を許さない社会のために~」

2016年5月25日

憲法違反の安保法の廃止を求める市民集会&パレード


 今年3月に施行された安全保障法は、立憲主義、民主主義、恒久平和主義を踏みにじる、憲法違反の法律です。
 この安保法が運用されれば、私たちの社会はどのように変えられることになるのか、田村准教授と一緒に考えませんか。
 講演会に引き続き、パレードも行います。赤坂から天神へ向けて、一緒に歩きましょう。

(1)講演会
日時:2016年6月11日(土)14:00~
場所:中央市民センター・ホール(福岡市中央区赤坂2丁目5-8)
講師:田村元彦氏
   和歌山県生まれ。
   早稲田大学政治経済学部卒、同大学大学院政治学研究科終了。
   現在、西南学院大学法学部国際関係法学科准教授。
   読書と映画鑑賞が生きがい。KBCシネマの企画ディレクターをつとめている。
   また、監視社会や日韓関係などに関わる市民運動にも長く関わっている。

(2)パレード
日時:2016年6月11日(土)16:15頃から順次出発
場所:中央市民センターから天神方面へ

主催:福岡県弁護士会
共催:日本弁護士連合会、九州弁護士会連合会
協力:戦争を許さない福岡県民委員会/九条の会福岡県連絡会
問合:福岡県弁護士会(TEL:092-741-6416)


憲法違反の安保法の廃止を求める市民集会&パレード


憲法違反の安保法の廃止を求める市民集会&パレード

2016年2月16日

憲法違反の安保法制法の廃止を求める市民集会&パレード


昨年9月に参議院採決を強行された末に、「成立」したとされ、本年3月29日に施行が予定されている安全保障法制法。弁護士会や、多くの憲法学者、歴代の内閣法制局長官、元最高裁裁判官(元長官を含む)、そして圧倒的多数の世論が、憲法違反!だと指摘しています。恒久平和主義に反するうえ、立憲主義にも反するからです。
同法の「成立」からちょうど6ヶ月となり、施行予定日の直前でもある今年3月19日に、元防衛省幹部で、内閣官房副長官補も務められた柳澤協二氏をお迎えします。安保法制法施行で何が変えられようとしているのか、それを許さないために何が求められているのか、ご一緒にお聞きしませんか。講演会に先立ち、パレードも行います。安保法制法の廃止を求めて、また同法の運用を許さないために、ご一緒に歩きましょう。


(1)パレード
 日時:2016年3月19日(土)16:00~ ※集合15:45
 場所:天神中央公園(福岡市中央区天神1-1 ※福岡市庁舎裏)
       
(2)講演会
 日時:2016年3月19日(土)17:00~ ※開場16:30
 場所:明治安田生命ホール(福岡市博多区中洲5-6-20 明治安田生命福岡ビル)
 講師:柳澤協二氏
     NPO法人国際地政学研究所理事長、新外交イニシアティブ理事、
     自衛隊を活かす:21世紀の憲法と防衛を考える会代表。
     防衛庁運用局長、人事教育局長、官房長、防衛研究所所長、
     内閣官房副長官補(安全保障・危機管理担当)などを歴任。
     「亡国の安保政策~安倍政権と「積極的平和主義」の罠」
     (岩波書店)、「亡国の集団的自衛権」(集英社)など著書多数。


主催:福岡県弁護士会


共催:日本弁護士連合会 九州弁護士会連合会


協力:戦争を許さない福岡県民委員会 九条の会福岡県連絡会


問い合わせ先:福岡県弁護士会事務局(TEL:092-741-6416)
 

憲法違反の安保法制法の廃止を求める市民集会


憲法違反の安保法制法の廃止を求める市民集会

2016年2月15日

シンポジウム「若年層の自殺、どうすれば防げる?」


年間3万人前後にものぼる自死への対策強化が叫ばれるなか、福岡県弁護士会では、2016年3月19日(土)午後、シンポジウム「若年層の自殺、どうすれば防げる?」を企画致しました。

基調講演を行う石井綾華氏(精神保健福祉士)は、若くしてNPO法人Light Ring.を立ち上げ、「自分の大切な人を受け入れ、そばで支える」活動を通じて、こころの病の社会的問題の解決に活かしていく事業を展開しておられ、若年層の自死問題についての有識者として、新宿区自殺総合対策会議若者支援専門部会や港区自殺対策関係機関連絡会の委員も務め、全国各地の自治体や大学等で講演を行っている方です。

その後のパネルディスカッションでは、石井氏に加え、2人の有識者の参加を得て、若者の自殺防止について議論します。
 パネリストである高野明氏(東京大学准教授)は、日本学生相談学会が発行している学生自殺防止ガイドライン作成の委員長を務められるなど、大学生の自死問題対策の第一人者として、相談の現場での研究を積み重ねておられます。
 もう一人のパネリストの高口恵美氏(社会福祉士・精神保健福祉士)は、大牟田・八女地区を主として担当する福岡県のスクールソーシャルワーカーとして、日々の実践の中で小中学校の生徒の自死防止に取り組んでいます。

 以上のとおり、各分野の第一線で活躍している専門家の話を聞くことができる貴重な機会ですので、ぜひお越しください。


                  記


日 時 : 2016年3月19日(土)14時~ ※13時30分開場
場 所 : TKPガーデンシティ天神M-4会議室
     (福岡市中央区天神2-14-8 福岡天神センタービル8階)


シンポジウム「若年層の自殺、どうすれば防げる?」

2016年1月26日

当番弁護士発足25周年記念シンポジウム「陽は西から昇る~当番弁護が変えた刑事司法~」


「当番弁護」とは?
 弁護士が逮捕等された人に直ちに無料で面会に行く制度です。今後の手続の流れや保障されている権利等について説明します。


「陽は西から昇る」とはどういうこと?
 当番弁護士制度は、福岡県弁護士会・大分県弁護士会が始め、全国に広がった制度です。逮捕等された人が直ぐに弁護士に相談することができ冤罪防止に大きく役立っています。当番弁護士制度が先駆けとなり、現在では、大部分の勾留中の被疑者が、資力に関わらず弁護活動が受けられるようになりました(被疑者国選制度)。この制度により、不完全ながらも被疑者の人権保障は大きく前進しました。日本の西にある当会の活動が日本の刑事司法のあり方を大きく変えたのです。


今、なぜ当番弁護を振り返るのか?
 現在も、社会正義の実現のために弁護士が取り組むべき活動は、被疑者・被告人の弁護活動だけでなく数多く存在しています。そのような状況を、現在の弁護士は変えようとしているのか?変えることができているのか?今一度考える必要があります。
 社会の一部を大きく変えた当番弁護制度立上げ時の弁護士や関係者の情熱、考え方を振り返ることを通じて、今、弁護士がすべきことを明らかにすること、そして、再度、陽を西から昇らせること、それが本シンポジウムの目的です。


◆日 時:平成28年2月27日(土)13:00~16:00(受付12:30~)
◆会 場:都久志会館(福岡県福岡市中央区天神4-8-10)
◆その他:参加無料,事前申込不要
◆基調講演
  村岡啓一氏(一橋大学法学研究科特任教授・弁護士)
◆パネリスト
  中山隆夫氏(元福岡高裁長官、現中央大学法科大学院教授・弁護士)
  傍示文昭氏(株式会社西日本新聞社編集局次長)
  美奈川成章(福岡県弁護士会所属・弁護士)
  萬年 浩雄(福岡県弁護士会所属・弁護士)
  安武雄一郎(福岡県弁護士会刑事弁護等委員会委員長)


当番弁護士25周年記念シンポジウム「陽は西から昇る~当番弁護が変えた刑事司法~」

前の10件 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13

カテゴリー

Backnumber

最近のエントリー