福岡県弁護士会からのお知らせ

シンポジウム・講演会など

2016年5月27日

大藪順子氏講演会「立ち上がる選択~性暴力を許さない社会のために~」


 福岡県弁護士会では、以下のとおり大藪順子氏により講演会を開催いたします。
 是非、お越し下さい。

                 
                  記
 大藪順子講演
 「立ち上がる選択~性暴力を許さない社会のために~」


【開催日時】 2016年6月5日(日)13時~15時
       (開場:12時30分)


【会  場】 
  ・アクロス福岡 会議室(607号)
   ※インフォメーション横のエレベーターをご利用ください。
    北側正面入り口左右のエレベーターからは行けません。

【参加費】
  
  ・無料 先着100名限定


【問い合わせ先】TEL:092-741-6416
           (福岡県弁護士会 事務局)
          

大藪順子氏講演会「立ち上がる選択~性暴力を許さない社会のために~」

2016年5月25日

憲法違反の安保法の廃止を求める市民集会&パレード


 今年3月に施行された安全保障法は、立憲主義、民主主義、恒久平和主義を踏みにじる、憲法違反の法律です。
 この安保法が運用されれば、私たちの社会はどのように変えられることになるのか、田村准教授と一緒に考えませんか。
 講演会に引き続き、パレードも行います。赤坂から天神へ向けて、一緒に歩きましょう。

(1)講演会
日時:2016年6月11日(土)14:00~
場所:中央市民センター・ホール(福岡市中央区赤坂2丁目5-8)
講師:田村元彦氏
   和歌山県生まれ。
   早稲田大学政治経済学部卒、同大学大学院政治学研究科終了。
   現在、西南学院大学法学部国際関係法学科准教授。
   読書と映画鑑賞が生きがい。KBCシネマの企画ディレクターをつとめている。
   また、監視社会や日韓関係などに関わる市民運動にも長く関わっている。

(2)パレード
日時:2016年6月11日(土)16:15頃から順次出発
場所:中央市民センターから天神方面へ

主催:福岡県弁護士会
共催:日本弁護士連合会、九州弁護士会連合会
協力:戦争を許さない福岡県民委員会/九条の会福岡県連絡会
問合:福岡県弁護士会(TEL:092-741-6416)


憲法違反の安保法の廃止を求める市民集会&パレード


憲法違反の安保法の廃止を求める市民集会&パレード

2016年2月16日

憲法違反の安保法制法の廃止を求める市民集会&パレード


昨年9月に参議院採決を強行された末に、「成立」したとされ、本年3月29日に施行が予定されている安全保障法制法。弁護士会や、多くの憲法学者、歴代の内閣法制局長官、元最高裁裁判官(元長官を含む)、そして圧倒的多数の世論が、憲法違反!だと指摘しています。恒久平和主義に反するうえ、立憲主義にも反するからです。
同法の「成立」からちょうど6ヶ月となり、施行予定日の直前でもある今年3月19日に、元防衛省幹部で、内閣官房副長官補も務められた柳澤協二氏をお迎えします。安保法制法施行で何が変えられようとしているのか、それを許さないために何が求められているのか、ご一緒にお聞きしませんか。講演会に先立ち、パレードも行います。安保法制法の廃止を求めて、また同法の運用を許さないために、ご一緒に歩きましょう。


(1)パレード
 日時:2016年3月19日(土)16:00~ ※集合15:45
 場所:天神中央公園(福岡市中央区天神1-1 ※福岡市庁舎裏)
       
(2)講演会
 日時:2016年3月19日(土)17:00~ ※開場16:30
 場所:明治安田生命ホール(福岡市博多区中洲5-6-20 明治安田生命福岡ビル)
 講師:柳澤協二氏
     NPO法人国際地政学研究所理事長、新外交イニシアティブ理事、
     自衛隊を活かす:21世紀の憲法と防衛を考える会代表。
     防衛庁運用局長、人事教育局長、官房長、防衛研究所所長、
     内閣官房副長官補(安全保障・危機管理担当)などを歴任。
     「亡国の安保政策~安倍政権と「積極的平和主義」の罠」
     (岩波書店)、「亡国の集団的自衛権」(集英社)など著書多数。


主催:福岡県弁護士会


共催:日本弁護士連合会 九州弁護士会連合会


協力:戦争を許さない福岡県民委員会 九条の会福岡県連絡会


問い合わせ先:福岡県弁護士会事務局(TEL:092-741-6416)
 

憲法違反の安保法制法の廃止を求める市民集会


憲法違反の安保法制法の廃止を求める市民集会

2016年2月15日

シンポジウム「若年層の自殺、どうすれば防げる?」


年間3万人前後にものぼる自死への対策強化が叫ばれるなか、福岡県弁護士会では、2016年3月19日(土)午後、シンポジウム「若年層の自殺、どうすれば防げる?」を企画致しました。

基調講演を行う石井綾華氏(精神保健福祉士)は、若くしてNPO法人Light Ring.を立ち上げ、「自分の大切な人を受け入れ、そばで支える」活動を通じて、こころの病の社会的問題の解決に活かしていく事業を展開しておられ、若年層の自死問題についての有識者として、新宿区自殺総合対策会議若者支援専門部会や港区自殺対策関係機関連絡会の委員も務め、全国各地の自治体や大学等で講演を行っている方です。

その後のパネルディスカッションでは、石井氏に加え、2人の有識者の参加を得て、若者の自殺防止について議論します。
 パネリストである高野明氏(東京大学准教授)は、日本学生相談学会が発行している学生自殺防止ガイドライン作成の委員長を務められるなど、大学生の自死問題対策の第一人者として、相談の現場での研究を積み重ねておられます。
 もう一人のパネリストの高口恵美氏(社会福祉士・精神保健福祉士)は、大牟田・八女地区を主として担当する福岡県のスクールソーシャルワーカーとして、日々の実践の中で小中学校の生徒の自死防止に取り組んでいます。

 以上のとおり、各分野の第一線で活躍している専門家の話を聞くことができる貴重な機会ですので、ぜひお越しください。


                  記


日 時 : 2016年3月19日(土)14時~ ※13時30分開場
場 所 : TKPガーデンシティ天神M-4会議室
     (福岡市中央区天神2-14-8 福岡天神センタービル8階)


シンポジウム「若年層の自殺、どうすれば防げる?」

2016年1月26日

当番弁護士発足25周年記念シンポジウム「陽は西から昇る~当番弁護が変えた刑事司法~」


「当番弁護」とは?
 弁護士が逮捕等された人に直ちに無料で面会に行く制度です。今後の手続の流れや保障されている権利等について説明します。


「陽は西から昇る」とはどういうこと?
 当番弁護士制度は、福岡県弁護士会・大分県弁護士会が始め、全国に広がった制度です。逮捕等された人が直ぐに弁護士に相談することができ冤罪防止に大きく役立っています。当番弁護士制度が先駆けとなり、現在では、大部分の勾留中の被疑者が、資力に関わらず弁護活動が受けられるようになりました(被疑者国選制度)。この制度により、不完全ながらも被疑者の人権保障は大きく前進しました。日本の西にある当会の活動が日本の刑事司法のあり方を大きく変えたのです。


今、なぜ当番弁護を振り返るのか?
 現在も、社会正義の実現のために弁護士が取り組むべき活動は、被疑者・被告人の弁護活動だけでなく数多く存在しています。そのような状況を、現在の弁護士は変えようとしているのか?変えることができているのか?今一度考える必要があります。
 社会の一部を大きく変えた当番弁護制度立上げ時の弁護士や関係者の情熱、考え方を振り返ることを通じて、今、弁護士がすべきことを明らかにすること、そして、再度、陽を西から昇らせること、それが本シンポジウムの目的です。


◆日 時:平成28年2月27日(土)13:00~16:00(受付12:30~)
◆会 場:都久志会館(福岡県福岡市中央区天神4-8-10)
◆その他:参加無料,事前申込不要
◆基調講演
  村岡啓一氏(一橋大学法学研究科特任教授・弁護士)
◆パネリスト
  中山隆夫氏(元福岡高裁長官、現中央大学法科大学院教授・弁護士)
  傍示文昭氏(株式会社西日本新聞社編集局次長)
  美奈川成章(福岡県弁護士会所属・弁護士)
  萬年 浩雄(福岡県弁護士会所属・弁護士)
  安武雄一郎(福岡県弁護士会刑事弁護等委員会委員長)


当番弁護士25周年記念シンポジウム「陽は西から昇る~当番弁護が変えた刑事司法~」

2016年1月14日

シンポジウム「ハンセン病『特別法廷』と司法の責任」

ハンセン病患者の方々は、90年にわたる隔離政策による人生被害を受け、2001年、行政・立法府の国家賠償責任を認める違憲判決が出されましたが、司法の場においても、患者の方々は、裁判所の公開法廷ではなく、療養所内で「隔離裁判」が行われていたという問題があり、これは「特別法廷」と呼ばれています。
全国ハンセン病入所者協議会は、「特別法廷」はハンセン病患者に対する差別的取扱いで裁判の公開原則に反するとして、最高裁に検証申し入れを行い、その調査結果が2016年3月までに公表される予定です。
1950年代に起きた熊本県で起きた殺人事件(菊池事件)では、ハンセン病患者である被告人は無罪を訴えながらも,証拠物に触れさせてもらえず、死刑判決を受けました。そして、再審請求棄却直後に死刑執行されました。2013年、福岡県弁護士会、九州弁護士会連合会は、「菊池事件」について、検察官による再審請求を求める声明を発表しています。
ハンセン病患者の「隔離裁判」における「司法の責任」と「菊池事件」について、皆様と一緒に考えていきたいと思います。
ぜひご参加ください。


                    記


 開催日時  平成28年2月13日(土)午後1時30分~(開場は午後1時)
 会  場  福岡県弁護士会館3階ホール(福岡市中央区城内1-1)
 内  容  
 ■基調講演1 
   講師:徳田靖之(弁護士,ハンセン病西日本訴訟弁護団共同代表「菊池事件」再審弁護団長)
 ■基調講演2
   講師:内田博文(九州大学名誉教授, ハンセン病検証会議副座長)
 ■ゲストコメント 
   江田五月(参議院議員,元裁判官,元法務大臣,元参議院議長)
 ■パネルディスカッション
   パネリスト:八尋光秀(弁護士,ハンセン病西日本訴訟弁護団共同代表)
         志村 康(ハンセン病国賠訴訟全国原告団協議会会長)
         内田博文


シンポジウム「ハンセン病『特別法廷』と司法の責任」

2015年12月24日

女性新ビジネス応援セミナー「わたしが起業?!夢をカタチにする秘訣、教えます!」


いま、女性の活躍は、地域経済の起爆剤として大いに期待されています。
福岡県弁護士会では、DBJ(日本政策投資銀行)と協力して、女性による新ビジネスを応援するセミナーを開催します。活躍中の女性起業家2名にお話を伺い、起業に役立つ法務知識を弁護士が解説します。交流会・相談会もあります。
起業やビジネスに関心のある女性の参加をお待ちしております。


日 時 2016年1月19日(火)
    17:00~19:40(開場16:30)


場 所 アクロス福岡 円形ホール(定員90名:先着順)
     福岡市中央区天神1-1-1


対 象 女性経営者、起業を考えている女性


プログラム 
 (1)基調講演(17:10~18:30)
   講師 日比野好恵氏(株式会社BBSTONEデザイン心理学研究所 代表取締役)
      鯛 かおる氏(株式会社アトラステクノサービス 代表取締役)


 (2)DBJ女性新ビジネスプランコンペティションのご案内(18:30~18:40)


 (3)弁護士によるお役立ち法律セミナー(18:40~19:10)


 (4)交流会・相談会(19:10~19:40)


主 催 日本政策投資銀行 福岡県弁護士会 日本弁護士連合会


共 催 九州弁護士会連合会


問い合わせ先 福岡県弁護士会(TEL:092-741-6416)


参加申込方法 下記申込書をダウンロートの上、FAXにてお申し込み下さい。(FAX:092-715-3207)

チラシのダウンロードはこちら(PDF)


女性新ビジネス応援セミナー「わたしが起業?!夢をカタチにする秘訣、教えます!」

2015年11月17日

市民の行動が筒抜けに?~高度化する捜査手法と共謀罪で社会が変わる前に~


「共謀罪」とは、2人以上の者が、犯罪を行うことを話し合って合意することを処罰対象とする犯罪のことです。
2人以上の者が話し合い納得しさえすれば犯罪が成立し、具体的な行動に出ることはもちろん、何らの準備行為すら必要ありません。
私達の生活に影響を及ぼす共謀罪について、ぜひ一緒に考えてみませんか?


日 時:2015年12月5日(土)14:00開会
参加費:無料
会 場:福岡市中央区城内1-1 福岡県弁護士会館3階


基調講演  14:00~
「監視時代の到来:GPS利用捜査が教えるもの」
成城大学 指宿 信 教授


基調報告  15:10~
「共謀罪法案の問題点」九州大学学生


パネルディスカッション  15:50~


お問い合わせ先:092-741-6416


市民の行動が筒抜けに?~高度化する捜査手法と共謀罪で社会が変わる前に~

2015年11月10日

安保法の廃止を目指す市民集会~何が危険!?安保法~

9月19日深夜、安保法が多くの国民の反対を押し切って「成立」しました。
憲法違反の安保法は無効です。
弁護士会は安保法の廃止を目ざします。
安保法が運用されるようになったときの危険性について、海外に派遣された自衛隊の取材経験もある半田滋氏の話を聞いて一緒に考えてみませんか?


 日 時 2015年12月7日(月) 18時開演(17時30分開場)


 会 場 都久志会館 大ホール
     (福岡市中央区天神4-8-10)


 講 師 半田滋氏
      1992年より防衛庁(現在の防衛省)担当記者として国防、
      軍事について取材。
      1993年には防衛庁防衛研究所特別課程修了。
      東京新聞論説兼編集委員

        主な著書
        「日本は戦争をするのか 集団的自衛権と自衛隊」
        「Q&Aまるわかり集団的自衛権」


 定 員 570名(先着順) ※参加無料・予約不要


 共 催 日本弁護士連合会


 問い合わせ先 福岡県弁護士会(TEL:092-741-6416)


安保法の廃止を目指す市民集会~何が危険!?安保法~

2015年8月28日

中小企業のための講演会・無料法律相談会

福岡県弁護士会では、平成27年9月9日(水)に県内4カ所で中小企業のための無料法律相談会を実施いたします。
取引先とのトラブル、取引先からの債権回収、雇用問題などお困りの点がございましたらご相談ください。
日頃の経営の中で疑問に思われている法律的な問題点を弁護士に確認してみたいといったことでも、お気軽にご来場ください。中小企業の法的問題に詳しい弁護士がお答えいたします。
また、福岡・北九州・筑後地区では、当日講演会も予定しております。


◆福岡地区
<講演会>
「毎日が戦い!?私のビジネス奮闘記!!」
日時:平成27年9月9日(水)13:30~15:00
場所:天神ビル11階・11号会議室(福岡市中央区天神2-12-1)
講師:園田正世氏(北極しろくま堂有限会社 代表取締役)
定員:120名程度
参加費:無料
参加申込:不要


<無料法律相談会>
日時:平成27年9月9日(水)15:00~17:00
場所:天神ビル11階・3号会議室(福岡市中央区天神2-12-1)
相談時間:30分程度


※共催:公益財団法人福岡県中小企業振興センター
※お問い合わせ先:092-741-6416

案内チラシのダウンロードはこちら(PDF)


◆北九州地区
<講演会>
「今日からできるマイナンバー対策~中小企業におけるマイナンバー対策~」 
日時:平成27年9月9日(水)14:00~15:00
場所:北九州弁護士会館(北九州市小倉北区金田1-4-2)
講師:春田康秀弁護士(福岡県弁護士会所属)


<無料法律相談会>
日時:平成27年9月9日(水)15:00~17:00
場所:北九州弁護士会館(北九州市小倉北区金田1-4-2)
相談時間:30分程度(先着16名・予約制)


※お申込・お問い合わせ先:093-561-0360


◆筑後地区 
<講演会>
「中小企業におけるマイナンバー対策」
日時:平成27年9月9日(水)14:10~15:30
場所:久留米商工会議所5階ホール(久留米市城南町15-5)
講師:中村愛弁護士(福岡県弁護士会所属)


※講演会の申込受付は終了いたしました。


<無料法律相談会>
日時:平成27年9月9日(水)15:30~17:30
場所:筑後弁護士会館(久留米市篠山町11-5)
相談時間:30分程度(先着8名・予約制)


※お申込・お問い合わせ先:0942-30-0144


◆筑豊地区
<無料法律相談会> 
日時:平成27年9月9日(水)13:00~15:00
場所:飯塚法律相談センター(飯塚市新立岩6-16 弁護士ビル3階)
相談時間:30分程度(先着8名・予約制)

※お申込・お問い合わせ先:0948-28-7555

前の10件 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12

カテゴリー

Backnumber

最近のエントリー