福岡県弁護士会からのお知らせ

その他

2016年11月 7日

高齢者・障害者総合支援センター「あいゆう」研修開催のご案内


 福岡県弁護士会では,「あいゆう」研修を,平成28年11月21日(月),福岡市中央区の「福岡市立中央市民センター」にて行います。
 午前の研修は,本年4月より施行された,障害者差別解消法を中心に行います。同法により,「差別的取扱い」や「合理的配慮の不提供」が禁止されましたが,国・地方公共団体等においても,民間事業者においても,その実践や対応は,未だ十分とはいえないものと思われます。そこで,「差別的取扱い」や「合理的配慮の不提供」の禁止について,その実践はどうあるべきか,また,行政,福祉関係者,弁護士などが障がい当事者から相談を受けたとき,どのように対応すべきか,事例をふまえつつ,検討していきます。
 午後の研修については,日本弁護士連合会より,「意思決定支援推進全国キャラバン」をお招きしています。包括的な代理権が認められるわが国の成年後見制度は,ともすれば認知症や障がいのある人の自己決定権の尊重を後退させる危険性をはらんでおり,世界の潮流からは外れているとも指摘されています。そこで,認知症や障がいのある人の自己決定権を真に尊重するための,意思決定支援とは何か,どのような制度が必要とされるのか,について,第1部は基調講演・当事者へのインタビュー,第2部は海外(先端といわれるイギリス,オーストラリア)の意思決定支援制度・実務のご報告,第3部はこれからの意思決定支援のあり方についてのパネルディスカッションと,議論を深めていきます。


*当日受付可(一般の方の御参加もお待ちしております)。
*当日,お1人1,000円の資料代を頂戴いたします。ご理解とご協力の程お願い申し
 上げます。
*この研修につきご不明な点がございましたら,福岡県弁護士会事務局 (電話092-
 741-6416)までご連絡下さい。
点訳,音訳,テキストデータのご提供を検討しておりますので,ご希望の方は御連
 絡ください。


研修プランのダウンロードはこちら(PDF)

  • URL

2016年10月26日

中小企業のための 海外進出を成功させるリスク管理~中小企業海外展開支援弁護士制度のご案内~


新興国の経済発展や経済のグローバル化に伴い、中小企業が積極的に海外に進出するケースが増えています。
海外市場には大きなビジネスチャンスが広がっている半面、法制度や政治体制が日本国内とは異なり、準備段階で各国ごとの法規制や投資環境の違いを理解した上で進出先を選定することや、進出後に生じうるリスクを正確に把握し対応策を検討しておくことは海外進出を成功させる上で不可欠といえます。
そこで、この度、海外進出を検討している中小企業を対象として、独立行政法人貿易振興機構(ジェトロ)と福岡県弁護士会の主催によりセミナーを開催し、中小企業が海外進出を検討する際の一般的な留意点や、一般企業が活用することができる「中小企業海外展開支援弁護士紹介制度」について情報提供させていただきます。


日 時:2016年11月16日(水)
午後1時30分~ 午後5時00分 (受付開始 午後1時)
場 所:福岡ビル4階 福岡アジアビジネスセンター内セミナールーム(福岡市中央区天神1丁目11番17号)
対象者:海外取引や海外進出をお考えの企業、海外進出支援を行う方(弁護士、関係機関等も御参加頂けます)


~プログラム(予定)~


13:30~13:35 開会挨拶


13:35~14:25
「中小企業の海外展開を成功させるリスク管理のポイント」
(講師 福岡県弁護士会所属 新里浩樹弁護士)


14:25~15:20
「進出段階で知っておきたいアセアン各国別の知的財産リスクと投資環境比較」
(講師 福岡県弁護士会所属 尾畠弘典弁護士/田中雅敏弁護士)


15:20~15:30 質疑応答


15:30~15:40 休憩


15:40~16:05
「ジェトロの海外展開支援事業/新輸出大国コンソーシアムのご紹介」
(講師 JETRO福岡担当者)


16:05~16:15
「福岡商工会議所 TPP相談窓口のご案内」(講師 福岡商工会議所担当者)


16:15~16:25
「中小企業海外展開支援弁護士紹介制度」のご案内
(講師 福岡県弁護士会所属 濵田建介弁護士)


16:25~16:30 閉会挨拶


参加費用:無料


定員:60名(定員に達した場合は、先着順で申込みを締め切らせて頂きます)

主催:福岡県弁護士会
共催:福岡県ベンチャービジネス支援協議会(福岡アジアビジネスセンター) 福岡商工会議所
後援:九州経済産業局 福岡県 福岡市 北九州市 独立行政法人中小企業基盤整備機構九州本部 株式会社日本政策金融公庫 一般社団法人九州経済連合会
問合:福岡県弁護士会(TEL:092-741-6416)


参加申込書のダウンロードはこちら(PDF)


  • URL

2016年10月11日

【お知らせ】第5回事務職員研修 参加予定の方へ

台風接近のため延期となっておりました第5回事務職員研修「自然人破産事件+α~管財人への引継ぎを視野に入れて」は、11月15日(火)午後1時~午後3時に開催することとなりました。
申込人数が定員に達しておりますので、新たな申込は受け付けておりません。何卒ご了承くださいますようお願いいたします。
詳細は事務職員専用ページをご覧ください。

  • URL

2016年10月 4日

【お知らせ】第5回事務職員研修 参加予定の方へ

台風接近のため、10/5(水)に予定しておりました第5回事務職員研修「自然人破産事件+α~管財人への引継ぎを視野に入れて」は延期いたします。
振替日につきましては追ってご連絡させていただきます。
ご迷惑をお掛けしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

  • URL

2016年3月14日

天神弁護士センター法律相談受付についてweb予約開始

 福岡県弁護士会が設置する法律相談センターで、その中核である福岡市中央区の天神弁護士センターの法律相談予約がweb上でできるようになりました。多重債務、離婚問題などの法律相談申込を24時間受付いたします。詳細は福岡県弁護士会ホームページのトップページをご覧ください。
 なお、一部の特殊相談についてはwebで予約できない場合がありますので、従来とおり電話での申込をお願いいたします。

  • URL

2015年10月 1日

<司法試験合格者対象>平成27年度「司法試験合格者の集い」のご案内

司法試験合格者の皆様へ
 司法試験合格,おめでとうございます。
福岡県弁護士会では,合格者の皆様を対象として,下記のとおり,「司法試験合格者の集い」を開催いたします。
本企画は,司法試験合格者に対して,先輩弁護士が司法修習の概要や福岡での弁護士就職状況等の講演を行い,司法修習に向けた事前準備を行っていただくことを目的としております。
また,合格者座談会を通じて,法科大学院における学習方法,試験合格の要因の意見等を集約し,福岡県内の各法科大学院にフィードバックすることにより,各法科大学院の今後の教育活動に生かしていただくことも目的としております。
 合格者の皆様におかれては,本企画の趣旨をご理解いただき,是非とも,積極的にご参加くださるようお願いいたします。
参加を希望される方は,以下の参加申込要領に従い,アンケートのデータを添付の上,メールにてお申し込みください(※なお,アンケートはプリントアウトの上,当日ご持参されても結構です。)
なお,申込期限は,10月22日(木)午後5時までとさせていただきます。
多数の参加者をお待ちしております。

          記

日時;平成27年10月24日(土)午後2:00~(受付開始午後1:30)
場所;福岡県弁護士会館3階ホール



《プログラム概要》
第1部 司法修習に向けて「先輩弁護士によるリレートーク」(午後2:00~3:00)
・司法修習とは(司法修習の概略説明,学ぶべきこと,二回試験等)
・福岡における弁護士就職状況について

第2部 合格者座談会(午後3:15~4:15)
「合格前を振り返る,私の勉強方法」
司法試験に向けた具体的学習方法,試験合格の要因など,参加した合格者から積極的に議論・主張していただきたいと思います。

*第2部終了後に,簡単な懇親の場を設ける予定です。合格者同士あるいは先輩弁護士との交流が図れる貴重な機会ですので,是非ご参加いただきたいと思います。


《申込先》
福岡県弁護士会(担当 井上)
住所 〒810-0043 福岡市中央区城内1-1福岡県弁護士会館

企画内容に関する問い合わせ先
福岡リーガルクリニック法律事務所 弁護士稲場 TEL092-874-9292


参加申込要綱のダウンロードはこちら
アンケート用紙のダウンロードはこちら

  • URL

2014年10月20日

憲法違反の集団的自衛権に反対する市民集会 NO WAR

2014年7月1日、安倍内閣は「憲法の考えかた」を変えて、「集団的自衛権を認める」という方針を決めました。
国 のかたちを定めた最高法規「憲法」。その日本国憲法9条では「日本は戦争しない」と書かれています。これは、歴代の政府が長年繰り返し確認してきたポイン トです。立場が異なる人の意見を聞きながら議論をして、多くの人が納得できる結論を出すのが、民主主義国家としての本来のやり方のはず。国民の声を無視し て、議論もないままに内閣の判断だけで集団的自衛権行使を決めてしまったことは大問題です。

私たち福岡県弁護士会は法律家団体として、憲法の存在意義を失わせる、安倍内閣の閣議決定を認めることはできません。この問題は、弁護士だけではなく、この国に住むすべてのみなさん一人ひとりにとって重要です。
みなさん、一緒に私たちの未来を考えるために、集会とパレードに参加しませんか?

日 時:2014年11月22日(土)

  • 集会 13:30~
  • パレード 16:30~

場 所:都久志会館(福岡市中央区天神4-8-10)
参加費:無料


憲法違反の集団的自衛権に反対する市民集会 NO WAR 憲法違反の集団的自衛権に反対する市民集会 NO WAR
  • URL

2014年10月10日

<司法試験合格者対象> 平成26年度「司法試験合格者の集い」のご案内

司法試験合格者の皆様へ
 司法試験合格,おめでとうございます。
福岡県弁護士会では,合格者の皆様を対象として,下記のとおり,「司法試験合格者の集い」を開催いたします。
本企画は,司法試験合格者に対して,先輩弁護士が司法修習の概要や福岡での弁護士就職状況等の講演を行い,司法修習に向けた事前準備を行っていただくことを目的としております。
また,合格者座談会を通じて,法科大学院における学習方法,試験合格の要因の意見等を集約し,福岡県内の各法科大学院にフィードバックすることにより,各法科大学院の今後の教育活動に生かしていただくことも目的としております。
 合格者の皆様におかれては,本企画の趣旨をご理解いただき,是非とも,積極的にご参加くださるようお願いいたします。
参加を希望される方は,以下の参加申込要領に従って当会指定のアドレスまでメールにてお申し込みください(※なお,アンケートは福岡県弁護士会のホームページからデータ(Word形式)でダウンロードできます。また,アンケートにつきましては,当日ご持参されても結構です。)。
なお,申込期限は,10月20日(月)午後5時までとさせていただきます。
多数の参加者をお待ちしております。

日時;平成26年10月24日(金)午後5:00~(受付開始午後4:30)
場所;福岡県弁護士会館3階ホール(福岡市中央区城内1-1福岡県弁護士会館)
TEL 092-741-6416 FAX 092-715-3207

《プログラム概要》

第1部 司法修習に向けて「先輩弁護士によるリレートーク」(午後5:00~6:00)

  • 司法修習とは(司法修習の概略説明,学ぶべきこと,二回試験等)
  • 福岡における弁護士就職状況について

第2部 合格者座談会(午後6:15~7:15)
「合格前を振り返る,私の勉強方法」
司法試験に向けた具体的学習方法,試験合格の要因など,参加した合格者から積極的に議論・主張していただきたいと思います。
*第2部終了後に,簡単な懇親の場を設ける予定です。合格者同士あるいは先輩弁護士との交流が図れる貴重な機会ですので,是非ご参加いただきたいと思います。

《申込先》

福岡県弁護士会(担当 河村)
メールアドレス kawamurar@fben.jp
企画内容に関する問い合わせ先
福岡リーガルクリニック法律事務所 弁護士稲場 TEL 092-874-9292

平成26年度「司法試験合格者の集い」参加申込要領(Word)
アンケート(Word)

  • URL

2014年8月11日

弁護士会のラジオ番組が始まりました

8月1日からの毎週金曜日、KBCラジオに、福岡県弁護士会所属の弁護士が出演します。毎月のテーマごとに、皆様からお寄せいただいたお悩みに弁護士が答えます。
ぜひお聞きください。

期間     2014年8月1日(金)~ 2015年3月の毎週金曜日
放送局    九州朝日放送(KBCラジオ)
番組名    PAO~N(パオ~ン)
出演時間帯  15:00~15:10頃

番組HPはこちら→http://www.kbc.co.jp/radio/pao-n/
質問、悩み相談は・・・メール:pao-n@kbc.co.jp /FAX:092-722-4242

  • URL

2014年1月30日

法科大学院生と弁護士との懇談会のご案内

法科大学院生(入学予定者含む)各位

福岡県弁護士会法科大学院運営協力委員会
委員長  宇 加 治 恭 子

福岡県弁護士会では、福岡県内4法科大学院生と弁護士との懇談会を下記のとおり企画しましたのでご案内します。

(1) ロールーム科目(福岡県弁護士会提供の実務系選択科目)のガイダンス

ロールーム科目は、当該科目に詳しい弁護士がその実務においてどのように問題解決に向けて取り組んでいるかを知ることができる科目です。授業を通じて実務的なセンスを吸収することは、司法試験でもきっと役立つでしょう。

(2) 論文式試験答案作成のポイント(九弁連統一模試の参考答案を題材に)

九州弁護士会連合会では、平成23年から毎年、九州圏内ロースクールの学生を対象として、民法・刑法の論文試験を実施しています。実際に採点を担当した弁護士が、参考答案を題材にして、論文式試験における答案作成のポイントをお教えします。

(3) 懇談会

みなさんと若手弁護士を中心とした懇談会です。弁護士から、直接、試験や実務の話を聞くこともできますし、他の法科大学院の学生との情報交換の機会とすることもできます。みなさんのこれからの法科大学院での勉強にきっと役立つことでしょう。※当日は、司法試験の選択科目についての説明資料を配布いたします。選択科目についての説明、試験の出題傾向、効果的な学習方法、おすすめの基本書などについて記載しています。選択科目対策の参考にしていただきたいと思います。
以上、盛りだくさんの企画をご用意しておりますので、みなさんの参加を心よりお待ちしております。

日 時 平成26年2月22日(土)13時開始(12時半受付開始)

会 場 福岡県弁護士会館3F(福岡市中央区城内1-1、福岡地方裁判所構内)

内 容 第1部 「ロールーム科目ガイダンス」13:00~14:30

  1. 破産民事再生実務(九州大学)
  2. 子どもの権利(福岡大学)
  3. ジェンダーと法(九州大学)
  4. 消費者問題(西南学院大学)
  5. 高齢者障害者問題(西南学院大学)
  6. 刑事弁護実務(西南学院大学)
  7. 民事執行保全実務(福岡大学)

第2部 「答案作成のポイント」14:30~15:30
平成23年から実施している九弁連統一模試の参考答案を題材に、実際に採点を担当した弁護士が、論文式試験の答案作成のポイントをアドバイス。

第3部 「法科大学院生と弁護士の懇談会」15:30~16:30頃

  • URL

カテゴリー

Backnumber

最近のエントリー