福岡県弁護士会からのお知らせ

2019年4月 1日

新会館オープン企画「法を考える 高校生作文コンクール」結果発表について

その他

当会では、新会館のオープンを記念して、2018年12月から2019年1月にかけて、県内の高校生及び同年代の方々を対象として「法を考える 高校生作文コンクール」を開催し、作文作品を募集いたしました。
教育関係者の皆様を中心にご協力いただき、県内の高校生から600を超える多数の応募がなされました。
応募作品の内容は多岐に亘りますが、消費者問題,成年年齢引き下げ問題、LGBTの権利の問題、18歳選挙権に関するもの、憲法改正に関するもの、外国人問題、死刑の問題などを取り上げた作品が見られました。
その後、藤本喜久代氏(福岡県教育庁教育振興部高校教育課指導主事)、横尾誠氏(西日本新聞編集局報道センター社会部次長)永尾廣久弁護士(元日本弁護士連合会副会長・福岡県弁護士会元会長)、上田英友弁護士(福岡県弁護士会会長)により構成される審査委員会で厳正な審査をおこなった結果,以下の11作品の受賞が決定しました。
受賞作品(最優秀賞は内容を掲載します)と受賞者のお名前を発表させていただきます。
高校生の皆様の、瑞々しい発想に触れることができ、当会にとっても非常に意義ある機会となりました。ご協力いただき誠にありがとうございました。
今後も当会をどうぞよろしくお願いいたします。


受賞作品と受賞者

最優秀賞

  (↓タイトルをクリックすると本文をお読みいただけます。作品の無断転載禁止) 「外国人労働者と日本」福岡県立宗像高等学校 荒牧 咲さん

優秀賞

「私の一日と法律」 自由ケ丘高等学校 清水 玲奈さん
「普通を変えるために」 福岡県立宗像高等学校 福田 彩葉さん
「高齢者運転倫理法 福岡県立宗像高等学校 本田 琉生さん
「未来に繋がる一票」 福岡県立ありあけ新世高等学校 入江 ひまりさん
「『法』とはなにか」 福岡県立ありあけ新世高校学校 徳山 遥南さん
「創作物に関わる法について」 福岡県立鞍手高等学校 藤川 夏海さん
「決めつけ」 福岡県立鞍手高等学校 金海 茉由さん
「死刑を考える」 明治学園高等学校 児玉 美琴さん
「子どもの貧困と法律」 明治学園高等学校 赤松菜々子さん
「快適なネットショッピングのために」 福岡大学附属大濠高等学校 新牛込清成さん
  • URL

カテゴリー

Backnumber

最近のエントリー