福岡県弁護士会からのお知らせ

2014年1月22日

シンポジウム「曽根干潟を未来に残すために」 ※終了しました

シンポジウム・講演会など


 福岡県弁護士会と日本弁護士連合会では、下記の日時にシンポジウム「曽根干潟を未来に残すために〜曽根干潟の保全の現状をふまえてラムサール条約登録の可能性を探る〜」を開催致します。
 皆様のご参加をお待ちしております。

 ・と き 2005年3月5日(土)午後1時開場 午後1時30分開始
 ・ところ 北九州弁護士会館 5階大ホール
       北九州市小倉北区金田1丁目4−2(TEL 093−561−0360)
        タクシー JR小倉駅から約15分
        西鉄バス 金田1丁目バス停下車(28番系統)
         
 ・内 容 (1)基調講演 
          講演者 小林聡史氏
               (釧路公立大学・元ラムサール事務局アジア担当官)
       (2)パネルディスカッション
          パネリスト 小林聡史氏
                 その他北九州市職員、現地NGO関係者、学識経験者、 
                 弁護士(日弁連)を予定しています。\n          コーディネーター 堀良一弁護士(福岡県弁護士会)

 ・主 催 福岡県弁護士会・日本弁護士連合会
 ・問い合わせ先 福岡県弁護士会事務局(TEL 092−741−6416) 

  *入場無料です。お気軽にご参加下さい。
  *公共交通機関をご利用下さい。
               
 ※終了しました。

  • URL

カテゴリー

Backnumber

最近のエントリー