福岡県弁護士会からのお知らせ

2005年12月22日

先物取引・外国為替証拠金被害110番 ※終了しました

法律相談


先物取引・外国為替証拠金被害110番(無料電話相談)を下記の日時で行います。どうぞお気軽にご相談ください。

              記

実施日時: 平成18年1月26日(木)・27日(金)
                両日とも午前10時〜午後4時

 電話番号: 092−724−2644


<実施趣旨>
 先物取引被害については、平成17年5月に法改正がなされ、説明義務が法定されるほか、不当な勧誘が禁止されました。また、法改正に合わせ、「商品先物取引の委託者の保護に関するガイドライン」も公表されています。しかしながら、今回の一連の法改正がどこまで被害防止に貢献しているかは不透明です。事実、平成17年度には、業者の破産申立てや自主廃業、そして業務停止処分が相次いでいます。
 他方、外国為替証拠金取引は、平成10年の外為法改正による規制撤廃により、業者を問わず参入可能となった取引です。この取引は、証拠金の10倍以上の取引が可能であるため、莫大な損失が出る可能性があります。そのため被害が相次ぎ、平成17年7月には金融先物取引法が改正されました。その結果、相当数の業者が自主廃業や破産申立てに至っています。
 このような状況の下、全国の弁護士会ないし弁護士有志によって、先物取引及び外国為替証拠金取引の被害実態を調査するため、全国一斉の電話相談を実施する次第です。

※終了しました。

  • URL

2005年12月13日

インターネット被害110番 ※終了しました

法律相談


インターネット被害110番(無料電話相談)を下記の日時で行います。ホームページ委員会所属の弁護士及びIT業者が対応致します。ネットによる誹謗中傷、ネットオークションによるトラブル、ネット通販におけるトラブル、その他どうぞお気軽にご相談ください。

              記

実施日時: 平成17年12月17日(土) 午後1時〜午後4時
 電話番号: 092−724−2644


<企画趣旨>
 インターネットの普及とともに、インターネットに関連する被害が全国的に急増して社会問題化しています。その被害内容も、インターネットオークションによるトラブル、掲示板のみならずホームページやブログを利用した名誉毀損、大規模な詐欺事件など広がりを見せるとともに、その手口は巧妙化・複雑化しております。
 そして、福岡を含めた九州地区でもブロードバンド普及率が高まり、インターネットに関するトラブルが数多く報道される一方で、弁護士がITに習熟していないため、十分なアドバイス・対応が出来ていないとの指摘を受けております。
 そこで、ホームページ委員会としては、九州地区の被害実態を調査するとともに、インターネット被害の実態を広報することが必要と判断し、インターネット被害110番を企画いたしました。

※終了しました。

  • URL

2005年12月 6日

構造計算110番(面談相談及び電話相談) ※終了しました

法律相談

構造計算110番(面談相談及び電話相談)を下記の通り行います。どうぞお気軽にご相談ください。

<相談会の趣旨>
姉歯建築士の偽造構造計算書問題を契機として、官民を問わず建築物の耐震性能の検査が適正に行われていないのではないかという不安が広まっている。
福岡地裁では全国で唯一、「偽造構造計算の瑕疵」を問う損害賠償裁判が行われていることや、姉歯建築士が担当した建物が3件存在することから、福岡のマンション購入者や建築主の不安は一層強いものがある。
今回の110番相談では、構造計算の設計士やマンション管理士、弁護士、建築士らが面談と電話による相談を受け付ける。

<相談日時>
平成17年12月10日(土)午前10時〜午後4時

<面談相談会場>
福岡県弁護士会館 (福岡市中央区城内1−1)
※アクセスマップ→ http://www.fben.jp/map/

<電話相談番号>
092−724−2644

<相談担当者>
弁護士(3名)、建築士(2名)、マンション管理士(2名)、構造計算設計士(1名)

<主催者団体>
福岡県弁護士会、建築・環境問題研究会、福岡マンション問題研究会、
NPO法人福岡マンション管理組合連合会

<協力団体>
日本建築構造技術者協会九州支部

<問合せ先>
九州合同法律事務所  弁護士 幸田雅弘
TEL:092−641−2007

※終了しました。

  • URL

最近のエントリー