福岡県弁護士会からのお知らせ

2011年4月13日

民暴集中相談【終了しました】

法律相談


 福岡県弁護士会民事介入暴力対策委員会では、民暴被害者の救済と暴力団の資金源の封圧を目的と して、毎年、福岡県警、福岡県暴力追放運動推進センターと共同して、集中相談を行っています。本年も、下記要領にて県下一斉に相談を実施いたしますので、暴力団等のご相談がございましたら、お気軽にご利用いただきますようご案内申し上げます。


1 開設日時  平成23年4月16日(土)午前10時~午後4時
        (電話,面談。予約不要。)


2 開設場所 
 ①福岡会場  福岡市暴力追放相談センター
        (福岡市役所2階 TEL 092-711-4076)

 ②北九州会場 北九州市民事暴力相談センター
        (北九州市役所2階 TEL 093-582-2140)

 ③飯塚会場  飯塚市民事暴力相談センター
        (飯塚市役所2階 TEL 0948-22-3883)
 ④久留米会場 久留米市暴力追放推進協議会
        (久留米市役所3階 TEL 0942-30-9055)


3 前回(平成22年11月27日)の相談内容
 ① 相談件数 合計22件
    福岡 5件,北九州9件,飯塚2件,久留米6件

 ② 相談内容 
   近隣建物の組事務所化防止に関する相談,暴力団からの不当な金員搾取に関する相談,ヤミ金相談など


民暴集中相談

  • URL

2011年4月 8日

霊感・スピリチュアル商法被害110番【終了しました】

法律相談


 福岡県弁護士会では、下記日時に「霊感・スピリチュアル商法被害110番」を実施致します。
 どうぞお気軽にご相談ください。


            記


相談実施日時:平成23年4月24日(日)
          10時~16時

相談電話番号:092-724-2644


〈企画趣旨〉 
 霊感商法とは、典型的には、販売員が、戸別訪問して、「病気や不幸が続くのは先祖の因縁が家系に出ているからだ」等と消費者の不安を煽り、「この印鑑を買えば運勢が開ける」等と消費者に購入を強く勧め、消費者に印鑑等の物品を高額で購入させる、という悪質商法です。相談件数は、社会問題化して以降、一旦沈静化していましたが、近年、増加傾向にあります。
 また、相談にとどまらず、特定商取引法違反で、宗教団体や関連団体が捜索を受けたり関係者が逮捕されたりする事案が相次いでいますし、宗教団体が訪問販売の業務停止命令や損害賠償命令を受けています。
 霊感商法による被害が増加している背景には、メディアによりスピリチュアル・ブームが醸成され、スピリチュアル等の言葉や観念に一定の肯定的なイメージが植えつけられていることがあると言われています。
 さらに、ブームに乗じる形でスピリチュアル等の言葉や観念を用いて宗教性を秘匿して勧誘する手法も流行しているようですが、これらによる被害についても、関連団体や関係者が捜査を受けたり損害賠償請求訴訟を提起されたりしています。
 以上の被害に対処するため、平成21年10月より弁護士有志により継続的に勉強会を開催して準備してきましたが、これまでの事例研究の成果を具体的な被害事案へ活かし、消費者の被害回復を図りたいと考えております。
 そこで、霊感商法・スピリチュアル商法に関する被害について、その被害実態を確認するとともに、被害回復のため、消費者委員会所属の弁護士を中心とした弁護士有志により佐賀県弁護士会と共催で電話相談を実施すべく、本件を企画しました。

  • URL

最近のエントリー