福岡県弁護士会からのお知らせ

2018年8月 3日

新弁護士会館(六本松)工事フェンスへの広報パネル設置のお知らせ

その他

新弁護士会館(六本松)工事フェンスへの広報パネル設置のお知らせ
当会では現在,福岡市中央区六本松の法曹ゾーン(裁判所,検察庁,弁護士会)の一角に新弁護士会館を建設中で,2019年春のオープンを予定しております。
六本松の新弁護士会館は地上4階建,現在の弁護士会館の約5倍の延床面積を擁し,市民のみなさまにご参加いただく各種のイベント(講演会,シンポジウム等)が開催可能な270人収容の大会議室のほか,新たに法律相談センターも開設する見込みです。
新弁護士会館は(株)古森弘一建築設計事務所の設計で,(株)奥村組により現在建築工事が進められているところです(近隣のみなさまにはご迷惑をおかけいたします)。


この度,当会では,新弁護士会館建設に際する広報活動の一環として六本松公園に面する新弁護士会館工事フェンス北側に5枚の広報パネルを設置しましたのでお知らせいたします。
同パネルはアートディレクターの古賀匠磨(こがたくま)氏にデザインをしていただきました。
新会館の完成イメージ図をモチーフにしたパネル(当会の公式ツイッター@fben2016のカバー画像にもなっています)の他,当会のキャッチフレーズである「不安を,安心に。」をイメージしたパネル,当会のイメージCMである「戦う手」におけるキーワードの「汗をかく」「寄り添う」「つかみ取る」をイメージしたパネルで当会のこれまでの活動を振り返り,新弁護士会館でこれから頑張って行こうという決意を込めたものになっております。
お近くにお立ち寄りの際は是非ご覧ください。


新弁護士会館(六本松)工事フェンスへの広報パネル設置のお知らせ新弁護士会館(六本松)工事フェンスへの広報パネル設置のお知らせ

  • URL

カテゴリー

Backnumber

最近のエントリー