いじめ予防授業(子どもの権利委員会)

いじめ予防授業のねらい

子どもの権利委員会 いじめ予防授業

学校は、子どもが成長する過程において、長い時間を過ごし、多くの人とふれあう場となります。その中で発生する極めて深刻な問題が、いじめです。
いじめは重大な人権侵害であるとともに、誰がいつ関わってもおかしくない問題です。
いじめが起こらないようにすること、起きてしまったいじめに気付き、深刻化する前に止めることができるよう、いじめを「予防」することがとても重要です。
いじめを「予防」するため、子どもたちにいじめについて考えてもらうことが、いじめ授業のねらいです。

いじめ予防授業の内容

福岡県弁護士会から、原則として1学級に1名の弁護士を講師として派遣します。授業時間は45~50分間を予定しています。過去に起きた重大事案を題材にしたり、アニメの登場人物をいじめの当事者に見立てたりと、子どもたちの年齢に添った内容で、いじめについて考えてもらう授業形式です。

いじめ授業のお申し込み

いじめ授業の費用は1学級あたり1万円です。

ただし、本年度は、先着20学級に限り、無料で授業を行います。

実施希望日の2ヶ月前までに、福岡県弁護士会まで所定の申込用紙でお申し込みください。

▽お申込用紙のダウンロードはこちらから

いじめ予防授業 お申込用紙ダウンロード