平成21年度会長挨拶ならびに役員紹介

弁護士会会長

平成21年度 会長

池永 満(29期)

IKENAGA MITSURU

会長挨拶

2009年度の福岡県弁護士会会長に就任しました池永満です。

弁護士登録は1977年4月ですので今年は33年目に入ります。年齢も今年63歳になりましたので、激動する社会と司法制度改革のまっただ中を、弁護士会の先頭を切って走るにはいささか体力不足の間もありますが、若くて力のある5名の副会長と2名の事務局長に支えられて、また何よりも820名(内、女性121名)の弁護士を超えるに至った県弁護士会会員諸氏のエネルギーに依拠しながら、福岡県弁護士会が堅持してきた「市民のための司法改革」の旗をまもり困難にたじろぐことなく歩を進めていきたいと思いますので、宜しくお願いいたします。

今年の5月には裁判員裁判が始まります。これについては市民の皆様の御協力もいただき法曹三者による模擬裁判等も実施しながら万全の準備を進めてきましたが、指摘されている制度上の問題点も認識しつつ弁護人として一つ一つの裁判に全力で取り組む中で、歴史的な刑事司法改革として成功させて行きたいと考えています。

ところで、裁判員裁判ほどには注目されていませんが、私たちにとって感慨新たなものが「被疑者国選制度」の対象事件が長期3年未満の事件に拡大されることです。日弁連推計によれば福岡県下の対象事件数は4000件を超えるものとされています。経済的な理由で自ら弁護人を選任することが出来ない場合に国の費用で弁護人を選任するという「国選弁護人制度」は憲法上の権利に由来するものですが、従前は裁判が始まり「被告人」となってしか保証されていませんでした。それを打破し逮捕・勾留されたら直ちに弁護人を選任できるという国際基準に基づいて、今から19年前に福岡県や大分県の弁護士会が手弁当で全国に先駆けて実施したのが「当番弁護士制度」です。その努力がようやくも実って国の制度となりました。もちろん、弁護士が被疑者段階においてこれほど大量の対象事件における弁護活動を進めること自体は大変な力仕事になります。

しかし前述しましたとおり、福岡県弁護士会への新規入会者は大幅に増加しており(昨年1年間だけで70名以上)、このペースで行けば数年後には1000名台に到達するものと思われます。弁護士会としては、こうした若い力に依拠しながら、全く新しい制度である裁判員裁判や大量の被疑者国選制度への対応を進めていきたいと考えております。

なお、福岡県弁護士会は、福岡地区に6か所、北九州地区に6か所、筑後地区に5か所、筑豊地区に3か所の合計20か所に法律相談センターを設置して、若手弁護士を中心として県下の弁護士会員が協力しながら日常的に市民の皆様の法律相談等に対応しています。2年前からは、多重債務者問題の解決を促進するために相談料を無料として、過払金返還請求を含め被害者救済の幅を拡大してきました。

また、交通事故被害者に対して法的アドバイスをする無料の電話相談、その後1回の無料の面接相談等にも取り組んでいます。

ところで、昨年末以降、急速に進行している未曾有の経済危機や社会的セーフティネットの崩壊を前にして、派遣切りによる失業やホームレス増大など、市民の基本的人権の土台をなす生存権すら脅かす事態も発生しています。当会は本年3月から「生活保護当番弁護士」とも称されている生活支援のための相談活動や生活保護申請代理人活動等も始めていますが、今後さらに会としての総合的な活動方向を検討して、市民の生存権確保を支援し社会生活上のセーフティネットを再構築するためのコーディネーターとしての役割を果たしていきたいと考えております。

皆様の、弁護士および弁護士会に対する御支援と御鞭撻をいただきますれば幸いです。

福岡県弁護士会 平成21年度 役員一覧

副会長

副会長

梶原 恒夫(41期)

KAJIWARA TSUNEO

副会長

副会長

金弘 正則(42期)

KANEHIRO MASANORI

福岡部会長兼 副会長

福岡部会長兼 副会長

石橋 英之(41期)

ISHIBASHI HIDEYUKI

副会長

副会長

野田部 哲也(43期)

NOTABE TETSUYA

副会長

副会長

椛島 修(37期)

KABASHIMA OSAMU

総務事務局長

総務事務局長

冨山 敦(49期)

TOMIYAMA ATSUSHI

業務事務局長

業務事務局長

相島 哲生(48期)

AISHIMA TETSUO

北九州部会 部会長

北九州部会 部会長

服部 弘昭(35期)

HATTORI HIROAKI 

筑後部会 部会長

筑後部会 部会長

髙橋 謙一(41期)

TAKAHASHI KENICHI

飯塚部会 部会長

飯塚部会 部会長

休場 明(57期)

KYUUBA AKIRA